医学部受験の慶応進学会フロンティア» 講師紹介

講師紹介

担当教科でさがす

浅見 啓(あさみ けい)

浅見 啓

担当教科

数学

紹介

東京大学大学院数理科 高校時代に慶應医学部に現役合格を果たすも、数学探求研鑽の道を選び東京大学数学科に入学。 受験数学から学術的発展数学に至るまでオールマイティなエキスパート講師

授業紹介

「数学の世界は美しい」

 

しばしばこのような言葉を耳にします。しかし本当にそうでしょうか。

 

私は数学をまったく美しいものだと思っていません。数の世界は非常に煩雑でとても美しいなどと言うことはできないと日々感じています。

 

ではなぜ「美しい」と表現されがちなのかと言うと、それは「美しい部分を抜き出して理論化したから」だと考えています。数学の教科書には様々な定理や手法が載っていますが、それらは、数学において成立、ないしは通用する様々な雑多な事実から厳選されたものです。その基準は、「数学的対象の学習のなかでその事実が有用となるか」です。つまり有用性の高い事実を「定理」として紹介しているのです。使用頻度の高い道具を紹介している、といったところでしょう。

 

学校あるいは塾では、こういった道具の使い方を教わることになります。しかその際、

 

「なぜその道具は使ってよいのか」(定理が成立する理由)...

「なぜその道具は使いやすいのか」(定理を適用しやすい理由)...

 

については、省略されがちです。①くらいなら真面目にやってくれる場合も多いですが、⓶までとなるとその数はグッと減るでしょう。

 

私の授業では、これらもサボらすに指導します。これは私の自論ですが、

我々講師の仕事は、次の2点だと考えます。

 

知識の取捨選択をすること」(内容の厳選)...

「知識の体得を手助けすること」(道案内)...

 

ここで言う、「知識の体得」とは、道具(知識)の使い方だけでなく、①や②まで理解し、納得することです。

 

「使い方さえわかっていれば問題を解くことはできるのではないか」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、残念ながら、(難関入試においては)そうではありません。なぜなら。それは「パズルのピースはあるが、どこに何をはめればよいかわからない」という状態であります。使い方のみの勉強では、「手法Aを使えば解ける問題とわかれば解けるが、そもそも手法Aを使うことを思いつかない」状態になってしまうわけです。これでは、場当たり的な適用によってしか問題が解けなくなってしまいます。

 

一方で「知識の体得」ができていれば、初めてみるようなタイプの問題に対しても、問題を分析する中で道具を適用できる形に問題を整理することができます。

 

難関入試においては、こういったところで差がつくことになります。

 

とは言っても、「知識の体得」には時間がかかります(先人が試行錯誤した歴史をなじろうとしているのですから当然ですが)。そもそも知識をどこまで仕入れればよいかも、受験生諸君には難しいでしょう。(受験用の参考書は沢山あり、どこまで詳しく書いてあるかも本によって異なります)

 

そこで、我々講師の出番です。

 

我々は、まず必要な知識を厳選して教えます(③)。

我々講師は、受験の先に何があるかまで把握したうえで、圧倒的視点から知識の厳選を行えます。

難関大合格に向けておさえておくべき知識の網羅はもちろん、ときには生徒の目指すレベルに合わせ個人単位で内容の調整も行います。これにて知識の範囲に関する問題は解決します。

もう1つの問題は時間ですが、これも④によって解決します。何もわからない状態から1人で試行覚悟するのは大変ですが、我々は高みに至るまでの最短経路を熟知していますから、生徒は効率よく知識の体得をすることができます。

 

私の授業では、講義によって、定理の成立する理由(①)を解説し、例題の解法を紹介することで使用法を学んでもらいます。そして講義のあとは、私が厳選した「本質的問」を演習してもらいます。

これによって、道具の使い勝手のよさ(②)を理解・納得してもらいます。これを前半期に行い、「数学に対する上からの視点」をもってもらったら、以降は複合問題の演習を行います。これによって道具を扱う器用さを磨き、あらゆる問題に対する対応力を強化するという寸法です。

 

一見遠回りにも見える道のりにも見えますが、皆さんは険しい雪道を進もうとしているのですから、めくら滅法に突進をしても逆に非効率で、しっかりと準備を行ってから挑んだ、結果的にはずっと効率的です。

ですから、局所的な目先の効率に捉われず、全体を見据えた大局的な勉強をしてもらいたいと考えています。

若林 研吾(わかばやし けんご)

若林 研吾

担当教科

数学 物理 化学 生物

紹介

東京大学医学部卒

授業紹介

プロの講師として医学部受験生をメインに指導にあたり、毎年合格多数の実績をあげているが

他学部難関大学指導にも長けておりオールマイティな実績定評がある。

平林 希章(ひらばやし のりあき)

平林 希章

担当教科

数学

紹介

東京理科大学理学部数学科卒

授業紹介

数学においてはゼロスタートの生徒から最上級クラスの生徒まで幅広く対応しそのわかりやすさから各々生徒の満足度もつねに5つ星。

指導方針もそれぞれのニーズにより優しくじっくり方式でもスパルタ追い込み方式でも展開できる変幻自在の器用さを併せ持つ。

田中 公英(たなか ともひで)

田中 公英

担当教科

数学・物理・化学・センター対策全科目

紹介

東京工業大学 センター試験を毎年受験し研究を続けているセンター試験のスペシャリストでもある

授業紹介

理数系が苦手な生徒に最もわかりやすく懇切丁寧に教えることを心がけている。

授業についていけず、こぼれてしまう生徒や、なかなかモチベーションの上がらない生徒をやる気にさせ上のレベルに引き上げるのも大得意。

門田 悠暉(もんでん ゆうき)

門田 悠暉

担当教科

数学・物理・化学

紹介

東京大学工学部医用精密工学科研究室卒  東京医科歯科大学医学部医学科

授業紹介

中堅医学部から難関医学部まで対応。完全合格できるよう指導プログラムを構築し、生徒を養成している。

TOPへ