医学部受験の慶応進学会フロンティア» 講師紹介

講師紹介

担当教科でさがす

垣本 真吾(かきもと しんご)

垣本 真吾

担当教科

〇副校長:物理・数学

紹介

私立灘高校、東京大学農学部卒 金融系ベンチャーでのITコンサル、事業会社での新規事業開発を経て当校で活動中。

授業紹介

垣本 真吾

物理は暗記する事項がほとんどではありません。一般的に難しいイメージのある物理ですが、本質の理解、そしてちょっとした解き方のコツをつかめれば今以上に物理が好きにそして得意になるでしょう。
自身の経験を振り返って、「普通の学校では教えてくれない」ような内容の授業を要点をかいつまんで行います。

高校物理は、大きく5単元しかなく最低限必要な公式も30に満たないので、理系科目の中で最も安定して高得点が狙える科目です。

にもかかわらず、多くの受験生が毎年学習に苦労している姿を見かけます。

どうしてなのか、その答えは簡単です。

単純に公式を丸暗記して解こうとするからです。

では、どうしたらよいのか。

3つのことを訓練するだけです。

最低限必要な公式をいつでも頭から取り出せるように叩き込むこと、
数学の整数、不等式、関数、微積の基礎を身に付けること、
設問をみて自分で正しい絵を描けるようになること、
です。

なぜなら、物理という学問は、自然現象の数式化だからです。

その3つのことを身に付けるために、私は基礎的な問題を何回も演習して正しい解法パターンを身に付けてもらった後に、初めて応用問題に手をつけてもらう教え方を徹底しています。


私も、正直学生の頃、物理で苦労しました。学校やハイレベルな塾講師がよく教えている微積で解く解法を、右も左も分からないうちから教わったからです。ですが、例えば海にいった時、なぜ波が海岸に平行に打ち寄せられるか、物理の屈折の法則で説明できることを学んだ時、少し物理が楽しくなり、そうやって設問の自然現象をイメージして解いていく中で、なぜ微積で解くと楽なのかに気づいた時、ようやく「できる」に変わりました。

私の教え方が最も優れているかは分かりませんが、少なくとも皆さんと真摯に向き合うことは保障します。短い受験生期間を、共に乗り切りましょう!

授業外での質問も受け付けていますのでお気軽に!

河村 浩行(かわむら ひろゆき)

河村 浩行

担当教科

○理数科指導部長・化学 数学 物理

紹介

東京大学理学部化学科卒 「医歯薬受験案内」学研教育出版 学習特集 物理担当 
2016年度用 医歯薬+獣医受験案内の一部ページを担当しています

授業紹介

河村 浩行

数・物・化担当の河村です。 主に答案の作り方など、基礎力の授業を担当しております。

他にも化学や物理といった科目の質問に対応したり、一緒に他科目を勉強して発破をかけたりもしています(笑)

受験勉強をしていくと見過ごされがちな基礎と基本。ここに立ち返って考えることで、暗記事項も覚えやすくなったり、問題も解きやすくなったりします。基礎・基本をしっかりと学習して将来の勉強に役立つような学力を身につけさせていきます。

受験勉強の最中は楽しいことも辛いこともたくさんあると思います。そのような感情を少しでも共有できると幸いです。

野村 将太(のむら しょうた)

野村 将太

担当教科

英語 現代文 小論文 面接 

紹介

東京大学博士課程修了  国立大学教授 大学院卒業後もワールドワイドに活躍し、海外有名大学を含む複数の大学で教鞭を歴任。 常に最高レベルの教育環境で練り培った指導力を堪能してほしい。 フレンドリーかつ的確な指導で受講生の信頼も厚い。

授業紹介

田中 公英(たなか ともひで)

田中 公英

担当教科

数学・物理・化学・センター対策全科目

紹介

東京工業大学 自ら毎年超難関大学入試・センター試験を受験し続け、講師としての技を磨き、研鑽を忘れない受験業界の超実戦派スペシャリストでもある

授業紹介

理数系が苦手な生徒に最もわかりやすく懇切丁寧に教えることを信条としている。

授業についていけず、こぼれてしまいやすい生徒や、なかなかモチベーションの上がらない生徒をやる気にさせ上のレベルに引き上げるのも大の得意。

偏差値40生徒から偏差値70生徒までどのレベルにも合わせて対応でき変幻自在!

加藤 剛史 (かとう つよし)

加藤 剛史 

担当教科

英語

紹介

早稲田大学政治経済学部・経済学科卒。大学3年の時にアメリカ・カリフォルニア州立大学に1年間留学。 塾・予備校指導歴15年。最初の9年間は英語だけでなく国語講師としても教壇に立ち、 現在はその国語指導と徹底的な英語構造分析を基にした論理的英語長文読解法を確立し、正しい発音とアクセントによる音読を非常に重視する。 復習や毎日の音読課題など、指示されたことを守ってもらえれば、英語を左から右に直読直解する力が必ずついてくる授業を実践している。

授業紹介

医学部で今後も出題が増えると予想される発音・ アクセント問題がとれないと嘆く生徒さんを時々見かけますが、授業で習った文章の文構造と意味を意識しながら毎日10分以上音読することで発音・ アクセント問題に余裕で対応できるようになります。
 

単語・ 熟語も文脈の中で記憶に定着し、英語を左から右に無意識的に直読直解する力が必ずついてきます!

一生懸命授業を受けて偏差値を飛躍的に伸ばす受講生が毎年続出しています

 ある受講生の全国マーク模試での偏差値が40.5(5月)から62.5( 10月)に上がりました(偏差値22アップ⤴️)。

受講開始2ヶ月で定期試験での学年順位が180人中94位から36位に上がり、それから4ヶ月後には17位に上がった(77位アップ⤴️)人や、受講開始2ヶ月後に全国マーク模試の点数が46点上がった(偏差値11.8アップ⤴️)人もいます。

次はあなたの番です!楽しみにしていて下さい!
ただし、毎回の音読テスト・復習テストなどで合格し続けた場合ですよ!

TOPへ