医学部受験の慶応進学会フロンティア» 講師紹介

講師紹介

中 裕子(あたる ゆうこ)

中 裕子

担当教科

英語

紹介

宮城一女から東北大法学部卒業、実父は垂直磁気記録技術(HDD)の開発者で東北大学名誉教授で現在、岩手県立大学学長の中村慶久氏で、兄二人は東大出身という、仙台ではよく知られている学問一家に育つ。本名は杉崎知代で慶応進学会フロンティアの校長でもある。

授業紹介

中 裕子

英語が苦手な受験生のための基礎から徹底的に鍛え上げる受験英語の極意。中学英語のツマズキを補修しながら300日間で難関大クラスの長文がスラスラ読めるようになります。大事なのは続けること、諦めないことです。必ず英語が得意になるので最後までついてきてくださいね!

杉崎 智介(すぎさき ともすけ)

杉崎 智介

担当教科

数学・小論文・面接

紹介

「偏差値40からの大学受験」のキャッチフレーズで14年間に10万人を大学に合格させた慶応進学会で医学部受験に携わり1300人以上を医歯薬に合格させた医学部受験のスペシャリスト。自らも医学部や国家試験を数多く受験し、戦績は187戦171勝の受験のプロ。また放送作家協会所属でプロ・アマのあらゆる分野の原稿を審査する立場であり、小論文の指導においても日本トップレベル。理科大出身、工学・理学博士、各機関の入試問題制作にも長年携わっている。

授業紹介

杉崎 智介

数学が苦手だという受験生は多いと思います。数学に時間を割いているのに成績が伸びない受験生は勉強方法が間違っているかも知れない。数学は諦めずに続ければ誰でも得意になれる科目です。但し、「ワカル」と「デキル」は違う。入試問題がスラスラ解けてはじめて数学が「デキル」受験生となる。数学が「ワカル」から「デキル」になれるように指導します。大事なことは必要最小限を勉強することです。最大限をやるとアブハチとらずになっちゃいますからね。300日間一緒に頑張りましょう!

佐藤 雅巳(さとう まさみ)

佐藤 雅巳

担当教科

数学 物理 化学 生物 地学 英語 国語 小論 地歴

紹介

東京大学理学部地学科 東京大学医学部医学科 東京大学大学院医学研究科医学博士課程 大手予備校業界にて屈指の存在と謳われたオールマイティ伝説のスーパー講師

授業紹介

数学 「高偏差値=高難易度」ではないということ

医学部を始めとする難関大学・学部志望の皆さん、志望校の偏差値の高さに惑わされて、徒らに難解な問題の演習ばかりに取り組んでいませんか? 実際の出題内容を見る限り、偏差値の高い大学が難易度の高い問題を出題するという訳でもなく、また一定以上の比率で難問を出題する大学の場合、合格最低線は低くなっていることが少なくありません。特に近年の私立医学部の数学は、ごく一部の大学を別にすれば、基礎から標準レベルの出題が多数を占め、如何に点数を稼ぐかというよりは、如何に失点を防ぐかの勝負になっていると言えます。この様な事実から目を背け、一部の難問に時間を浪費している様では、いつまで経っても私立医学部の数学で満足な点数を収めることはできません。また、難問を出題する大学を受験するのであっても、まずは数学の全分野に関して、基礎から標準レベルの問題を澱みなく解ける様にすることが極めて重要であることは言うまでもありません。弊校では一人ひとりの学習状況を確認しながら、あらゆる入試問題を解くために必須となる基礎力を重視した指導を継続しながら、より難易度の高い問題にも対応できるよう、難問を中心とした添削指導にも力を入れております。



 

生物 理解だけでも暗記だけでも駄目なのです。

生物と聞いて暗記科目だと思っている受験生は、今すぐ認識を改める必要があります。近年の入試問題では、遺伝や同化・異化、クリアランスといった、伝統的に計算・考察問題が多く出題されてきた分野のみならず、従来暗記のみで高得点の獲得が可能であった分野からも、考察力を問う新傾向の問題が出題されています。さらに2015年度からスタートした新課程入試では、遺伝の一部など「参考」扱いにはなったもののこれまでの課程で重視されてきた事項(教科書に掲載されている以上、入試では間違いなく出題範囲に入ります)に加えて、iPS細胞を始めとする最新の生物学的知見をも掲載した教科書に基づいて入試問題が作成されることになったのですから、生物の基本知識を基に、自ら生物現象について考察し、生物学を中心とした科学的なニュースにも興味を持つ姿勢がこれまで以上に重要視されていると言って間違いはありません。一方で、基本知識に抜けがあったのでは、論理的な考察をすることもままなりませんから、積極的に用語を覚え、特に重要なものについては定義を説明できるようにしておくことも肝要だと言えます。弊校では講義形式のみならずテストゼミ形式の授業も開講し、一方的な知識の伝授に留まることなく、獲得した知識をどのように活用して入試問題を解くべきかトレーニングする場も設けております。

 

 

 

 

化学 確かに暗記は重要ですが...

理系受験生にとって、化学は暗記科目であるということは、受け入れなければならない事実だと言えます。多数の物質の名称を覚えない限り、問題文を読み解くことさえままならない有機・無機の両分野は言うに及ばず、比較的計算問題が多く出題される理論分野についても、物質や実験器具の名称を覚えねばならないだけではなく、計算問題の定石的な解法も問題を読んで即座に思いつくレベルに達していないと、医学部を始めとする難関大学・学部の入試問題で満足な点数を獲得することはままならないからです。そのかわり計算問題や思考力を要する問題であっても、非常に難易度の高い問題が出題されることは滅多になく(たとえ出題があったとしても試験時間を考慮すれば「捨て問」と考えた方が得策だと言えます)、ほとんどが定石的な解法で解けるものなので、努力に比例して点数が上がる性格が強い科目であると言えます。このような事情を鑑み、「理系だから暗記は苦手だ」といった言い訳を弄することなく、積極的に暗記に励む姿勢は重要なのですが、ここで注意しなければならないことは、ただ闇雲に暗記したからといって入試での得点が伸びる訳ではないということです。有機の反応系統に代表されるように、化学は一連の「流れ」を重視する科目なので、この「流れ」を無視して知識量だけを増やしたところで、得点力向上は期待できないのです。さあ、これからは私たちと一緒に、真に使える知識のネットワークを構築すべく、一緒に頑張りましょう!

 

 

 

 

物理 何でも微積で解くのはいかがなものか?

物理受験生の中には、「大学受験の物理は微分・積分を使って解くのが正しい」と信じている方も少なからずいらっしゃることと思います。確かに微積を使えば公式の暗記量を減らせる面があるのも事実ですが、基本方程式である運動方程式が与えられている力学はともかく、電磁気学の基本方程式であるマックスウェル方程式は、大学教養課程の最後の方でやっと扱われるのみならず、高校範囲を超えた微分・積分の知識がなければ解けない方程式なので、既に大学教養課程の履修経験のある再受験生などを別にすれば、電磁気学分野の問題をすべて微積で解くことは原理的に不可能であると言えます。また力学に関しても微積で解こうと思えば解けないわけではないものの、教科書に掲載のある公式に当てはめるより遥かに時間や手間がかかるケースの方が多いように感じられます。ただ、教科書のように微積を使うことを忌避して、単純に「~であることが知られている」といった記述で無理やりまとめて、必要以上に暗記量を増やすような態度も問題があると言えます。そこで弊校では理系の大学受験生が微積を無理なく使える範囲で、公式暗記や計算の手間を減らす手段を伝授すると同時に、暗記せざるを得ない公式についても、可能な限りイメージを掴んで広く応用できるように指導して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

野村 将太(のむら しょうた)

野村 将太

担当教科

英語 現代文 小論文 面接 

紹介

東京大学博士課程修了  国立大学教授 大学院卒業後もワールドワイドに活躍し、海外有名大学を含む複数の大学で教鞭を歴任。 常に最高レベルの教育環境で練り培った指導力を堪能してほしい。 フレンドリーかつ的確な指導で受講生の信頼も厚い。

授業紹介

満田 深雪(みつだ みゆき)

満田 深雪

担当教科

化学・生物・物理

紹介

東邦大学医学部講師。東京大学大学院医学研究科医学博士課程単位取得、東京工業大学大学院社会理工学研究科経営工学課程修了(学術博士)。 現在、後進指導の傍ら技術経営コンサルタント、科学リテラシー(科学理解とその活用)についての啓発・普及活動も書籍・インターネット等を通じ行っている。

授業紹介

理科系の科目は、受験科目に必須ということで。医歯薬系理工系を志望するみなさんは、嫌でも取り組まなければなりませんが、ただ覚えるだけでよいのでしょうか?

そうではありません。化学知識と技術を活かして、21世紀を生き抜いていくために最低限必要な知識です。

もしあなたが何か人の役に立とうと考えているのであれば、なおさらです。
自然を理解し、見えない事象やメカニズムについて考える。あるいは、見えている事象'(例えば病気など)は、どういうルーツと経路をたどって表出してきたのか?などです。見えている結果(病気)には、それまでの見えていない原因(生活習慣や遺伝要素)があるので、そこに切り込んでいかないと根本的解決にはなりません。

地球46億年の流れのなかで、人類はほんの少しの時間しか生きていないのに過大な影響を与えている...
そのような因果関係を踏まえて、物理・化学・生物・地学といった基礎科目の知識を蓄積しておくことで、きっとみなさんの将来のどこかで役に立ち、ひいてはみなさんに関わっていく周辺の人たちの役に立てること、最終的には(ちょっと大げさではありますが)人類の生き残りをかけて、今勉強しておくこと、勉強し続けることが重要であると私は考えます。

一緒に勉強していきましょう。


辰巳 唯人(たつみ ゆいと)

辰巳 唯人

担当教科

英語 地理 現代文、古文 漢文

紹介

京都大学卒業 京都大学大学院卒  東京芸術大学大学院卒

授業紹介

いつも礼儀正しく物腰も柔らかい癒し系の人柄。その人柄とは裏腹に指導内容は難関医学部合格させるべく圧倒的学力養成仕様のたいへんハードなものとなっている。
歯を食いしばって最後までついてきた生徒は医学部合格の栄冠を勝ち取るであろう。

坂田 博(さかた ひろし)

坂田 博

担当教科

英語

紹介

英和辞典の執筆・校閲者(オーレックス英和辞典 旺文社) 長年、トップ進学校指導主任としても陣頭指揮。受験英語を究めたポテンシャルを駆使し、あらゆるタイプの生徒、どのような学力の生徒にも対処できる懐深さに定評がある。 著書に『会話で覚える高校英語』(旺文社)

授業紹介

坂田 博

英語の文法を基礎から学習し、難問にまで挑戦していきます。学習にあたっては、文法の成り立ちから学びます。できるだけ少ない規則で、できるだけ多くのことを捉えていきます。一つひとつの項目を他の項目と照らし合わせて、点から線へ、線から面へとつなげていき、文法の全体像をつかめるようにしていきます。また、文法問題に限らず、英語を読むため、書くため、話すための道具として、文法を使いこなせるようにしていきます。

 

英語長文対策

 英語の長文問題(センターレベル)を解く方法を身につけていきます。英文は英語の語順で理解できるように、単語をいくつかまとめて意味のかたまりをつかんでいきます。また、英語の文のつながりかたを探り、文と文の関係や、パラグラフとパラグラフの関係を読み解いて、文章全体を理解していきます。

 

英文読解演習

 上級レベルの英文をテキストにしています。題材は比較的新しい研究の成果や、新しい考え方、地球が取り組むべき新しい問題などを扱い、試験のときにどんな内容であっても、的確に対応できる解答力を養成します。

 問題を解くには、何が尋ねられているかをつかむことが大切です。聞かれたことにピンポイントに応える必要があります。授業では、何が聞かれていて、それをどう考え、答をどう導くかを学びます。

 

田中 俊行(たなか としゆき)

田中 俊行

担当教科

英語

紹介

国際基督教大学教養学部語学科卒 Massachusetts Institutes of Technology School of Physics (MIT)卒 

授業紹介

医学部別対策、過去問分析・入試対策のスペシャリスト。  私大国公立医学部の英語出題傾向対策は予備校業界トップクラス。

卓越した指導講義でこれまで多くの合格者を輩出し、これからも医師の卵を生み出すべく日夜邁進し続けている。

後藤 謙二(ごとう けんじ)

後藤 謙二

担当教科

英語

紹介

慶應大学文学部文学科卒。 長年、トップ進学校にて教鞭および進学指導の指揮を執りつつも、その傍ら独自に日夜、難関大学入試問題の研究・分析を35年以上重ね熟成させてきた経歴をもつ。難関大学医学部の英語指導を得意とする。英語以外にも五教科指導の実力を網羅し、自他ともに認める受験指導のプロ。

授業紹介

後藤 謙二

生徒たちの学力を最大限に伸ばし、第一志望大学に合格させることに大きな喜びを感じています。指導方針は厳しくも学問の面白さ等を伝えていきたいと思っております。

私自身も日常業務以外にも大学入試問題の研究、分析の遂行を日々欠かさず、受験指導のプロとしての自負に恥じない攻究と、毎朝7Kmのジョギングを己に課し、常在戦場を座右の銘として人生を坦々と歩んでおります。

人生はある意味挑戦の連続ですが、ほんとうに真剣勝負としての場を公に自覚できる機会は、ほんの数えるほどしかないかもしれません。

その真剣勝負の場のひとつが大学受験であり、そこで完全勝利する経験は心身ともにその後の人生の大きな財産になることは間違いありません。

この真剣勝負に完勝すべく、燃えるような心魂を傾け一心不乱に勉強してみませんか。

たかだか1年弱の期間です。

辛そうな印象を受けているかもしれませんが、慣れればなんてことはない。

燃えたぎる闘志をもっている貴方もそうでない貴方も、私の確固たる指導の元で黙々と研鑽を重ね、完全勝利の美酒をぜひとも味わっていただくことを願ってやみません。

 

藤田 直樹(ふじた なおき)

藤田 直樹

担当教科

数学

紹介

東京大学理学部数学科卒 東京大学大学院数理科学卒
大手有名出版社にて数学教材の作成・解説・採点業務に携わり才能を発揮。センター、国公立二次、私立とすべての数学問題にあらゆる角度から深く精通している。1回でも講義を受けた者は、その卓越した指導・解法・技法に魅了され、口コミも含め藤田氏の数学指導を受けるために全国から月数回ペースでやってくる生徒が続出するほどである。

授業紹介

藤田 直樹

数学を担当している藤田です。

授業は上位校を目指す生徒及び数学の演習(及び問題についての詳しい解説)をする発展的なものと、合同式などを一から習う生徒用の講義多めの授業の2種類を行っております。

発展的な授業ではただ問題を解くだけでなく
○何故この解法を思いつくか
○この解説を答案にするとき間違いやすいのはどこか

といった1人で勉強していては気づけないことを強調して教えてゆきます。

授業からは特に 「 問題の考え方 」 を身につけていってもらいたいと考えております。

講義中心の授業では、難しい証明などは省略することを多くする代わりに、定義イメージや考え方を詳しく教え、適宜演習も混ぜていくことで、入試問題へスムーズにつなげられる授業を意識しております。

本年度9月以降は「テストゼミ」という形式で授業を行っております。

内容は

○ 2時間のテスト(解答は当日配る)

○ 翌日までに全員の答案を採点し、傾向を踏まえながら解説


普通の授業と比べての差異は

(ⅰ) 厳選した良問で毎日テストを行うことで、力を試しつつテ            

    スト形式に慣れる

(ⅱ) 予習→解説形式と比べて生徒全員がしっかり問題と向

    き合ってから解説ができる。

(ⅲ) 答案の採点に精通した講師が正しい採点基準を公開し

    ながら採点することで、答えのみならず間の議論を正し

    く行うことも学べる

(ⅳ) 翌日の解説で全員の傾向を判断して類題を演習させて

    苦手範囲を重点的に学べる


が主に挙げられ、この他にも様々なメリットがあります。テスト自体の難易度は高めですが、「テスト」ではなく「テストゼミ」なので、翌日の解説を活かすためにテストを受けると捉えてもらって点数は芳しくなくとも(良いに越したことはありませんが)食らいついてチカラをつけてもらいたいと考えております。



 

河村 浩行(かわむら ひろゆき)

河村 浩行

担当教科

化学 数学 物理

紹介

東京大学理学部化学科卒 「医歯薬受験案内」学研教育出版 学習特集 物理担当 
2016年度用 医歯薬+獣医受験案内の一部ページを担当しています

授業紹介

河村 浩行

数・物・化担当の河村です。 受験勉強をしていくと見過ごされがちな基礎と基本。ここに立ち返って考えることで、暗記事項も覚えやすくなったり、問題も解きやすくなったりします。基礎・基本をしっかりと学習して将来の勉強に役立つような学力を身につけさせていきます。

垣本 真吾(かきもと しんご)

垣本 真吾

担当教科

物理・化学・数学

紹介

私立灘高校、東京大学農学部卒 金融系ベンチャーでのITコンサル、事業会社での新規事業開発を経て活動中。

授業紹介

物理は暗記する事項がほとんどではありません。一般的に難しいイメージのある物理ですが、本質の理解、そしてちょっとした解き方のコツをつかめれば今以上に物理が好きにそして得意になるでしょう。
自身の経験を振り返って、「普通の学校では教えてくれない」ような内容の授業を要点をかいつまんで行います。

高校物理は、大きく5単元しかなく最低限必要な公式も30に満たないので、理系科目の中で最も安定して高得点が狙える科目です。

にもかかわらず、多くの受験生が毎年学習に苦労している姿を見かけます。

どうしてなのか、その答えは簡単です。

単純に公式を丸暗記して解こうとするからです。

では、どうしたらよいのか。

3つのことを訓練するだけです。

最低限必要な公式をいつでも頭から取り出せるように叩き込むこと、
数学の整数、不等式、関数、微積の基礎を身に付けること、
設問をみて自分で正しい絵を描けるようになること、
です。

なぜなら、物理という学問は、自然現象の数式化だからです。

その3つのことを身に付けるために、私は基礎的な問題を何回もして正しい解法パターンを身に付けてもらった後に、初めて応用問題に手をつけてもらう教え方を徹底しています。


私も、正直学生の頃、物理で苦労しました。学校やハイレベルな塾講師がよく教えている微積で解く解法を、右も左も分からないうちから教わったからです。ですが、例えば海にいった時、なぜ波が海岸に平行に打ち寄せられるか、物理の屈折の法則で説明できることを学んだ時、少し物理が楽しくなり、そうやって設問の自然現象をイメージして解いていく中で、なぜ微積で解くと楽なのかに気づいた時、ようやく「できる」に変わりました。

私の教え方が最も優れているかは分かりませんが、少なくとも皆さんと真摯に向き合うことは保障します。短い受験生期間を、共に乗り切りましょう!

授業外での質問も受け付けていますのでお気軽に!

真田 雅樹(さなだ まさき)

真田 雅樹

担当教科

化学・数学・生物

紹介

医学部受験指導のプロ 合格請負人として数々の実績を持ち業界でも引っ張りだこの生きた伝説的存在。 ゼロスタートから短期間で合格レベルに仕上げるノウハウに定評があり、 その指導は受講生からこぞって「受験の神」と称賛されている。

授業紹介

人になにかを教え、結果として成績が上がり、第一志望校に合格する姿を見て喜びを感じ講師業を始めたのが私のルーツです。

私の授業スタイルは、いかにして合格平均点プラス10点を確保するかを主眼に置いています。例えば理論化学では、理屈を飛躍して公式の暗記をしてもらうような授業はせず、自分で考えて解答が作れるような下地作りに力点を置いて理解を深めるような独特の授業を行っています。

そのため、私が担当した生徒の合格率は圧倒的に高く、その結果生徒の兄弟や友人などの伝手で私を指名したうえで入学者が多いのがなによりの証明だとおもいます。

本多 高基(ほんだ たかき)

本多 高基

担当教科

数学・化学・生物

紹介

現役医大生であり二十代前半ながら医大受験のエキスパート講師として二足の草鞋を履く 

授業紹介

自分自身の入試経験と四年間の講師生活を活かし、医学部合格を貴方と一緒に勝ち取りたいと切望しています。安心してしっかりついてきてください!

浅見 啓(あさみ けい)

浅見 啓

担当教科

数学

紹介

東京大学大学院数理科 高校時代に慶應医学部に現役合格を果たすも、数学探求研鑽の道を選び東京大学数学科に入学。 受験数学から学術的発展数学に至るまでオールマイティなエキスパート講師

授業紹介

入試数学問題には余裕をもって対応できるよう生徒を養成しつつも、本質的な部分から数学を学び、好きになるよう授業および演習の構成を心がけている

若林 研吾(わかばやし けんご)

若林 研吾

担当教科

数学 物理 化学 生物

紹介

東京大学医学部卒

授業紹介

プロの講師として医学部受験生をメインに指導にあたり、毎年合格多数の実績をあげているが

他学部難関大学指導にも長けておりオールマイティな実績定評がある。

平林 希章(ひらばやし のりあき)

平林 希章

担当教科

数学

紹介

東京理科大学理学部数学科卒

授業紹介

数学においてはゼロスタートの生徒から最上級クラスの生徒まで幅広く対応しそのわかりやすさから各々生徒の満足度もつねに5つ星。

指導方針もそれぞれのニーズにより優しくじっくり方式でもスパルタ追い込み方式でも展開できる変幻自在の器用さを併せ持つ。

田中 公英(たなか ともひで)

田中 公英

担当教科

数学・物理・化学・センター対策全科目

紹介

東京工業大学 センター試験を毎年受験し研究を続けているセンター試験のスペシャリストでもある

授業紹介

理数系が苦手な生徒に最もわかりやすく懇切丁寧に教えることを心がけている。

授業についていけず、こぼれてしまう生徒や、なかなかモチベーションの上がらない生徒をやる気にさせ上のレベルに引き上げるのも大得意。

門田 悠暉(もんでん ゆうき)

門田 悠暉

担当教科

数学・物理・化学

紹介

東京大学工学部医用精密工学科研究室卒  東京医科歯科大学医学部医学科

授業紹介

中堅医学部から難関医学部まで対応。完全合格できるよう指導プログラムを構築し、生徒を養成している。

杉野 政仁(すぎの まさひと)

杉野 政仁

担当教科

化学・生物・英語・現代文

紹介

慶應義塾大学医学部

授業紹介

現役生,浪人生のみならず多くの受験生は自分を客観視することが難しく,模擬試験という明確な数字データを前にしてもとるべき指針が定まらず医学部合格を果たせない場合が多々あります。私は生徒さんの伴走者として科目の本質的理解に基づく基本的な方法論をお伝えしたく存じます。  特に化学は、暗記と計算練習に終始する勉強はやめ,電子の深い理解を根幹に化学的な議論を進める基礎重視の学習をお伝えしていきます。 また英語は日本語と英語との軋轢を理解したうえで,徹底的な構文理解に基づく学習を根幹に指導しています。 基礎基本に立ち返る形で担当できればと思います。

相馬 光敏(そうま みつとし)

相馬 光敏

担当教科

物理・数学

紹介

東京大学大学院博士課程卒 卒業後、西ヨーロッパ有名大学の教官兼客員研究員として華々しく活躍。 帰国後、大手シンクタンクおよび公的機関で実務を歴任。

授業紹介

ハイクラスかつ多彩な経験に裏付けされた深みのある物理講義に定評がある。

難関私立国公立医学部対策担当。

吉田 有毅(よしだ ゆうき)

吉田 有毅

担当教科

英語 物理 化学

紹介

東海大学医学部医学科

授業紹介

現役医大生でありながら、ベテラン講師の経歴と抜群実績をもつユニークな存在。「難関大学受験指導に長け、いかに効率良く勉強するかを心掛けています。仮面浪人、社会人受験のための効率的勉強法も伝授いたします!」

西垣 颯一郎(にしがき そういちろう)

西垣 颯一郎

担当教科

英語 数学 物理 化学 生物

紹介

慶應義塾大学医学部 私立開成高校時代から体育会サッカー部に所属し文武両道を貫き、短時間かつ効率的な受験勉強法を確立。

授業紹介

頼ってくる受講生の資質が秀才であろうと並才であろうと、そしてたとえ鈍才であろうと最適かつ最良の結果を出す指導計画とその指導法に定評がある。

三尾 仁人(みお きみと)

三尾 仁人

担当教科

英語・数学・化学・生物

紹介

東京慈恵会医科大学医学部医学科 野球で鍛えた心身と体育会系の爽やかな雰囲気を持ち味とし、講師として洗練された真摯な対応で常に生徒を魅了している。

授業紹介

得意科目は理科(化学、生物)。

よりたくさんの生徒さんの将来の夢に少しでも貢献したいと考えております。
何よりも最後まで諦めないことが大事だと思います。よろしくお願いいたします。

関川 洋太郎(せきかわ ようたろう)

関川 洋太郎

担当教科

数学 化学 物理 

紹介

東海大学医学部医学科 入試は顔の良さだけでは決まりません!勉強した分だけ報われます!私の経験を基にあなたを医学部合格に導きます!

授業紹介

おもに私立医学部を目指す生徒に数学を基礎から要領よくわかりやすく情熱をもって指導しています。

西口 梨沙(にしぐち りさ)

西口 梨沙

担当教科

英語 数学 物理 化学 

紹介

順天堂大学医学部   海外留学経験を基にした実践的受験英語指導、システマティックでわかりやすい理数指導に定評がある

授業紹介

たとえ理数科目が苦手であっても、要領よく最大限努力すれば現役合格できるということを生徒皆さんに伝えていきます

吉田 昇悟(よしだ しょうご)

吉田 昇悟

担当教科

数学・化学・物理・英語

紹介

慶應義塾大学医学部 

授業紹介

医学部を目指す予備校生が何をすべきなのか熟知しており、わかりやすくシステマティックな指導が絶賛されている。

大曾根 快(おおそね かい)

大曾根 快

担当教科

化学・数学・物理

紹介

東京医科大学医学部医学科

授業紹介

できない生徒の気持ちは人一倍わかりますし、どうやったらできるようになるかも任せてください。ひとつひとつ単元を潰していきましょう!私がケアいたします!

横山 紗妃(よこやま さき)

横山 紗妃

担当教科

英語 化学 

紹介

お茶の水女子大学理学部卒業 東海大学医学部医学科

授業紹介

洽覧深識でありかつ再受験生であったことを利点として老馬之智を持って指導にあたることを信条としている。

受験のみならずさまざまな相談事も引き受けアドバイスすることも多く、カウンセラーの一面も担って日々活躍中。

小久保 美央(こくぼ みお)

小久保 美央

担当教科

英語

紹介

杏林大学医学部

授業紹介

私自身、将来医師になることを志しております。多様なバックグラウンドをもった患者と接する際に役立つよう、様々なジャンルの仕事に挑戦し、いろいろな人たちと接してき、こういった経験を通して養ったコミュニケーション能力を活かして、どの生徒とも信頼関係を築き、生徒それぞれの持っている力を引き出すお手伝いができるよう精進していく所存です。高校の時に米国に留学していた体験を踏まえ、英語ができればどれだけ世界が広がるか、英語ができることはどれだけ魅力的なことかということを織り交ぜて指導していきます。そして語学は誰でもマスターすることができるということを実感していただきたいです。英語で合格点を取るための英語力を身につけることはもちろんですが、それと同時に将来にも役立つ英語を身につけるお手伝いができるなら幸いです。

片山 博史(かたやま ひろし)

片山 博史

担当教科

物理・化学・数学

紹介

日本大学医学部医学科

授業紹介

短期間で医学部合格するには、とにかく先達の見解を素直に聴く耳を持ち、できるだけシステマティックに要領よく受験勉強を本番まで進めていくことが肝要です。余計な回り道をしないで済むよう、そのお手伝いができればとおもっております。

平塚 寛生(ひらつか ひろき)

平塚 寛生

担当教科

生物 化学 数学 英語 

紹介

順天堂大学医学部  

授業紹介

生物分野が大の得意かつそれを活かし懇切丁寧にわかりやすく指導

小林 啓太郎(こばやし けいたろう)

小林 啓太郎

担当教科

数学・物理・化学・英語

紹介

東京慈恵会医科大学医学部医学科

授業紹介

絶対的得意科目は数学!

高校時代から受験科目を友人に教える機会も多く、もともと教えることが得意で大好き。

水泳部で鍛え洗練された心身と卓越した頭脳で生徒たちの合格までのサポートを日々行っている

山根 悠揮TA(やまね ゆうき)

山根 悠揮TA

担当教科

チューター・生物・物理・数学・英語

紹介

慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒。岩手医科大学医学部に在籍

授業紹介

授業のサポート及び受験初心者への質問対応、受験生活に関するアドバイス、医学部生のリアルな日常に関する情報提供を行っています。

小泉 祥太郎TA(こいずみ しょうたろう)

小泉 祥太郎TA

担当教科

チューター・生物・化学・数学・英語

紹介

岩手医科大学医学部 

授業紹介

自身の豊富な人生経験から、医学部受験に必須なメンタル~細かな受験裏技テクニックに至るまでにきわめて的確なアドバイスを伝授。

TAとして在校生徒の信頼も厚い。

村井 絵理子TA(むらい えりこ)

村井 絵理子TA

担当教科

チューター・化学・生物・数学・英語

紹介

東京医科大学医学部医学科

授業紹介

医学部受験の厳しさ、辛さは独特のものがあります。

とはいえ、自身の受験生時代を鑑みても、医学部受験は人間的にも大きく成長できる貴重な

時間であると自信をもって宣言できます。

この貴重な時間を受験生みなさんとサポートしつつ共有できましたら光栄です!

宜しくお願いいたします!

TOPへ