医学部受験の慶応進学会フロンティア» 慶応進学会フロンティアの特色

慶応進学会フロンティアの特色

慶応進学会フロンティアの特色

慶応進学会フロンティアの特色

①「1回で合格させる」ための学習時間の確保

※MPPの場合
学力の低い生徒が、医学部に合格するためには少なくとも受験勉強(自習含む)を1日10時間以上、
年間3650時間そのうち1000時間以上を受験対策(指導者のもと)に充てられば理想だといわれている。

慶応進学会フロンティアでは「1回で合格させる」ために医学部受験の名門予備校よりも
学習時間を2カ月多くとっている。 その分授業時間を約2割多くなっている。

授業料も
医歯薬受験名門予備校の約64%
医学部専門予備校の約42%

B医歯薬予備校 授業時間1120時間
        学費750万(1時間あたり@6,696円)

C医学部予備校 授業90分×4回 52,000円(リーズナブルと説明アリ)
授業時間1120時間、学費970万円(1時間あたり@8,660円)

ほとんどの医学部年問予備校ではこれ以外にオプション費用がかさむ。

MPP
授業時間 1300時間
学費480万円(1時間あたり@3,692円)

慶応進学会フロンティアでは通常の座学講義以外に毎週開催イベントの「寺子屋」を含む
「基礎学力重点指導及び補習演習」を実施しており、
その結果、予備校の授業で問題演習を行う時間が大手予備校の約4倍になっている。

例 数学の問題演習
大手予備校に通う生徒「良質な数学問題」を1日4問、300日で1200題
慶応進学会フロンティア300日で2400問以上解ける。

当初 偏差値30~40程度しかなかった受験生が本番の入試の時点で問題を解く力、
解くスピードで大手予備校に通う受験生を抜いてしまう。

②合格保証で志望校合格を全面的にバックアップ

他校では医学部受験に合格保証をするケースはあまり例はありませんが、
慶応進学会フロンティアが医学部受験に絶対的な自信を持っていることの証でもあります。

③トップレベル!業界最高峰の講師陣

大学受験・医学部受験業界で最高峰のカリスマ講師陣を招集。
医学部受験業界でトップレベルの経験と実績を挙げているプロ講師たちを調査し、
さらに厳選してスカウト、高きハードルの登用試験を経て採用。
医学部合格に直結する卓越した学科指導はいうまでもなく、
日々の健康管理、栄養指導やメンタルケアなど、医学部に合格させるトータルケアにも
経験と実績十分な真のカリスマ講師達が貴方を待っています。

医学部出身の講師や『大学への数学』の執筆・採点官の藤田先生も当校講師として活躍。

④多浪生、再受験生にも強い!

在校生の67%が3浪以上で入学し、内20%が5浪以上で当校に入学し結果を出しています。

⑤社会人の方の編入に強い!

社会人の方が多いのが特徴です。30~40歳大の生徒が15%。

⑥いつでも心ゆくまで質問できる環境

在校生約60名に対して、講師の数は32名います。
数、英、理は複数おりますし、医系予備校には少ない国立大医学部対策も
積極的に実施しているので、国語、社会の講師もいます。
生徒2名に講師1名の割合なので、質問はいつでもできるのが通強みです。
他校のような質問10分制限などもないので心ゆくまで質問できます。

TOPへ