医学部受験の慶応進学会フロンティア» 難易度が大きく変わる私大医学部

難易度が大きく変わる私大医学部

難易度が大きく変わる
私大医学部

難易度が大きく変動する最近の私大医学部

ここ数年、私大医学部が入学金や授業料などの初年度納付金を減額する傾向になってきています。その金額によっては出願者が増え、入試難易度が大きく変動することも当たり前のようになっています。

昨年度は昭和大学医学部がⅠ期入試の正規合格者の初年度授業料300万円を免除、学費も全体で450万円を減額したことで、6年間の学費が一番安い私大医学部となり、志願者を一気に集める結果となっています。

今年度は帝京大医学部が初年度納付金を300万円減額しており、志願者動向が注目されます。
この帝京大学は国語で受験できることで、文系からの医学部転向者が多いことでも知られています。
帝京大の特徴ある英語を完全に掌握し、国語、数学でガッツリ得点できる「帝京大医学部対策」なら慶応進学会フロンティアにお任せいただけます。

難化傾向が続く英語、異色の国語の予想問題練習は
類似問題の的中率が高く、入試本番に勝てる中身です。

TOPへ