医学部受験の慶応進学会フロンティア» 独自の学習システム» 慶応進学会フロンティアの医学部受験

慶応進学会フロンティアの医学部受験

慶応進学会フロンティアの医学部受験

合格に必要な勉強

慶応進学会の医学部受験は基礎からスタートしますが、合格できるレベルまでしっかり鍛え上げるので厳しいかも知れません。特に【MPP】は合格を保証しているので、予備校の授業だけでなく、補習や自習室での課題学習をやってもらうこともあります。
合格に必要な勉強は絶対にやってもらいたいのです。その代り、家に帰ったら勉強しなくてもいいです。
予備校で充分に勉強してもらいますから。

慶応進学会フロンティアは「最大限の受験勉強」をさせません。
慶応進学会フロンティアは「最小限の受験勉強」で志望校に合格させます。
これは大事なことです。志望校合格に必要のない勉強はバッサリ切り捨てます。無理な勉強をすると失速し、本当に覚えなければいけないことが中途半端になるからです。
最小限の勉強範囲は私たち医学部受験のプロが分析研究して絞っているので安心してください。
医学部受験は難関ですが無駄に無理をしてはいけません。
仮に合格しても入学後に失速してしまう医学部生が少なくないからです。
医学部によっては大勢の留年を出し、その一部の学生は退学や除籍というケースも普通にあります。
つまり、苦労して医学部に入ったのに医師になれないのです。

医学部3浪以上の受験生も何とかします!

超難関の医学部では多浪が当たり前となっていますが、一方で3浪以上は合否に影響がある大学があることもご存知だと思います。慶応進学会は多浪の医学部浪人生を何人も指導してきた経験から、3浪以上の医学部浪人生向けに「医学部多浪支援プログラム」を設けております。

受験校の選定から、多浪を終わらせるための医学部合格への方法論を受講者全員に親身になって指導します。
「医学部多浪支援プログラム」は、慶応進学会フロンティア「医学部受験」の全クラスに適用されます。
来春晴れて医学部生となって頂けるよう、講師全員が一丸となってバックアップしていきますので、ぜひ一度ご相談ください。

万全のサポート体制

慶応進学会フロンティアの面倒見のよさは予備校業界では一番だと思います。
例えば、〈医学部入学後のサポート〉もしています。慶応進学会出身の医学生が立派な医師になってもらいたいという思いからです。
留年などしないように、ましてや退学など絶対にさせません。
ご希望なら〈医師国家試験に合格するまでサポート〉します。

「厳しいけれど、面倒見が良い。」

それが私たちの教育理念です。

安心の合格保証規定

慶応進学会フロンティアでは、志望大学に合格できることを約束しているコースが設けられています。
当該コースでは大学受験結果に満足せず、次年度も慶応進学会フロンティアで再挑戦をする場合は、同じコースの授業料を全額免除します。
 
 条件は次のようになります。
・志望校面談で決定した志望校を3校以上受験すること。
・前期・後期授業の90%に出席すること。
・各種テストを受験し、各種課題を提出すること。
 

慶応進学会フロンティアは合格保証を行うことで受講生の志望校合格を全面的にバックアップしていきますので安心して受講してください。

志望校の合格を正確に判断できる精度の高い模擬試験

大手の模試で国立私立大共にA判定が出ながら実際の入試に合格できないという相談は多いです。
慶応進学会が毎月1回行う学内模試は偏差値ではなく、医学部入試を徹底研究し尽くした「到達度テスト」。
得点率で志望校の合否の目安が高い精度でわかります。
学内模試を毎月受けることで、「自分に足りないこと」が一目瞭然にわかるのも合格への明確な道標になるのです。

無駄を徹底排除、効率的学習だから1年で合格

1年間という限られた時間、限られた体力の制約の中で確実に合格するためには無駄は大きなマイナスになります。
慶応進学会フロンティアでは「とにかく合格すること」だけに的を絞り、無駄を徹底排除、最少の努力で最大の成果をあげられる効率のよい学習を指導していきます。

あなたはこれだけやれば来年医学部に合格できるのです。

TOPへ