医学部受験の慶応進学会フロンティア» 合格者インタビュー» 合格者インタビュー:野本様

合格者インタビュー:野本様

合格者インタビュー:野本様

合格者インタビュー:野本様

合格者インタビュー:野本様
氏名 野本 健太 (のもと けんた)
合格大学:北里大学医学部

①厳しい受験を乗り切った今、どんな気持ですか。

嬉しさももちろんありますが、ホッとした気持ちの方が大きいです。

②医学部を志望した動機を教えてください。

単純明快な言い方ですが、人を助ける仕事をしたかったです。

③予備校を選ぶうえで、慶応進学会フロンティアに決めた理由は何ですか。

先生と生徒の距離がすごく近かったからです。どこの予備校にもそれぞれ良さがあると思いますが、自分は尻を叩かれないと勉強しないタイプなので面倒見のよい予備校を探していた結果、慶応進学会フロンティアに決めました。

④慶応進学会フロンティアでの受験生生活はどうでしたか。

苦しさあり楽しさもあり涙あり笑いありでした

⑤どんなスケジュールで勉強していましたか。

まずはどんなに辛くても朝は必ず起きて塾に行くようにしていました。自分一人では挫折する恐れがあったので、事務の大星さんに朝来なかったら罰ゲームを科せられるという風に、嫌でも塾に行くように努めました。

⑥講師の先生のサポートはどうでしたか。

良かったです。悩んだ時は担任の河村先生にすぐ相談していました。河村先生は勤務日でない非番のときでも、自分が相談したいという時には来てくれて面談してくれました。
また、進学会は担任の先生以外でも生徒との距離が非常に近いので、どの先生でも親身に相談に乗ってくれました。

⑦ご両親、ご家族のサポートはどうでしたか。

こんな自分に対しても最後まで『合格できる』と信じてくれて、感謝しています。自分が弱気になった時でも、親だけは『お前は合格できる』と信じてくれていたので、おのずと頑張ろうと思えました。

⑧将来の夢を教えてください。

病気を治すだけでなく、精神的にもサポートし元気を与えられる医師になりたいです。

⑨最後に受験生へのメッセージを頂けますか。

受験生活は精神的に安定しているのが一番だと思います。だから少しでも不安や悩みが出たら先生や家族に相談し、本当に苦しい時は、一旦勉強をやめてしまうのもひとつの手です。勉強時間というよりONとOFFの切り替えをしっかりつけましょう。また、前期までにどれだけ頑張れるかが勝負だと思うので、春先からのモチベーションを保ったまま頑張ってください!

TOPへ