医学部受験の慶応進学会フロンティア» 合格者インタビュー» 合格者インタビュー:奥様

合格者インタビュー:奥様

合格者インタビュー:奥様

合格者インタビュー:奥様

合格者インタビュー:奥様
氏名:奥 陽一朗(おく よういちろう)
合格大学・学部:産業医科大学医学部

①厳しい受験を乗り切った今、どんな気持ですか。

医学部に合格して医師への第一歩を踏み出すことを嬉しく思いつつも、なんとか勉強の習慣だけは途切れさせぬよう、自らを戒める思いです。

②医学部を志望した動機を教えてください。

高校一年生の時に叔父を亡くして、彼のように亡くなる人を少しでも減らすために、医師になりたいと思ったからです。

③予備校を選ぶうえで、慶応進学会フロンティアに決めた理由は何ですか。

他の大手予備校では、一人一人の生徒に目を配ってくれるかどうかが不安に思いました。
その中で、生徒の面倒見が良く質問がしやすい環境にあると聞き、興味を引いた慶応進学会フロンティアに決めました。

④慶応進学会フロンティアでの受験生生活はどうでしたか。

浪人生活はたのしかったです。友人と進捗状況を報告しあったりして勉強のモチベーションアップにつなげていました。そのおかげで進学会では、朝9時から夜9時まで一日も休むことなく集中して勉強することが出来ました。

⑤どんなスケジュールで勉強していましたか。

先生方から出された課題を中心にこなしていました。勉強の予定は特に立てていなかったので、勉強の科目ごとの割合に不安を感じたときは、その都度先生に相談し解決していました。

⑥講師の先生のサポートはどうでしたか。

大変良かったですし、私は満足しています。よく質問に行った先生方は、私の知りたいことは何でも、心ゆくまで丁寧に詳しく、無制限に教えてくれました。

⑦ご両親、ご家族のサポートはどうでしたか。

両親は私のやりたいことを全力でサポートしてくれたので、大変感謝しています。

⑧将来の夢を教えてください。

豊富な医療技術・知識はさることながら、高いコミュニケーション能力を持ち、患者の側に立って考えることの出来る医師になりたいです。

⑨最後に受験生へのメッセージを頂けますか。

医学部に合格するにあたって、どの科目も標準問題は絶対に落とさないところまで仕上げなくてはならず、かつ苦手科目はあってはいけない、と実感しました。私は現役時代に数学と化学で苦労したので、この一年はそれらに重点的に取り組んだからこそ合格したのだと思います。
受験生さん達へは、これから沢山の勉強量が待っているのかもしれませんが、どうか自身に負けず引き続き頑張ってもらいたいです。

TOPへ