医学部受験の慶応進学会フロンティア» Q&A

Q&A

Q&A

医学部は超難関で何年も浪人しないと合格できないと聞きますが成績のよくない生徒でも本当に12か月や14か月で医学部に合格できるのですか?

医学部入試は正しい勉強方法で合格に必要な勉強時間を費やせば誰でも合格できる試験です。成績がよくない場合は基礎からやり直せば14か月で合格できます。

稼業が医師なので息子をどうしても医学部に進学させたいのですが息子があまり勉強をしません。これでも医学部に合格することは可能ですか?

もちろん本人が意欲的に勉強をするのが一番よいのですが、慶応進学会フロンティアの【MPP】や【MPP-T】は受験生と志望校に合わせた、合格に必要な個別のメニューを作成し学習を進めていきます。特に勉強の習慣がない生徒を想定して、授業以外にも補習や自習室での課題学習をしてもらうので、仮に家に帰ってから勉強しなくても志望校に合格できるようなカリキュラムになっていますので合格は可能です。

【MPP】はお高いと思いますが他校と比べてどうなんでしょうか?

おっしゃるとおり安い学費ではありませんが、【MPP】は志望する医学部に合格することを保証しているプログラムです。それには合格に必要な学習時間を絶対に確保しなければならないのです。基礎学力を万全にして私大中堅医学部の傾向を反復練習するには1300時間は必要になります。基礎学習はクラス授業の場合もありますが、志望校別対策は個人指導になります。例えば【MPP】の学費総額480万円を1300時間で割ると1時間あたり3692円になります。医学 部受験の家庭教師の相場は1時間7000~10500円ですから、【MPP】を家庭教師に依頼すると910~1365万円になります。また、医学部専用の予備校でも、夏期・冬期講習や補習、合宿などを含めると1年間の学費は1000万円を超えます。むしろ【MPP】は大変リーズナブルな医学部合格のためのクラスと言えると思います。大手予備校の医歯薬系大学受験コースは金額自体は150~200万円と低廉に見えますが、成績優秀な受験生でないと大手予備校の授業だけでは医学部には合格できないと思います。因みに慶応進学会フロンティアにも通常の医歯薬系大学受験コースがありますが127万円(年額)となっております。

文系大学を卒業した社会人ですが慶応進学会フロンティアで医学部に合格できますか?

慶応進学会フロンティアは社会人向けの学習プログラムを作るのを得意としていますので大丈夫です。

合格保証は書類でいただけるのですか?

はい、合格保証書を発行いたします。

医学部入試の際、数学で苦労していますが何か方法はありますか?

数学は10冊の問題集を解くより、1冊の問題集を10回解く方が遥かに効果があります。志望校に合わせた数学問題の反復練習をお奨めします。因みに 【MPP】では志望校別に精選した数学の問題練習を反復して行います。入試直前では志望校の予想問題を入試と同じ時間内に完答する訓練をしますので万全です。

幾ら勉強しても英語の成績が伸びません。どうしたらよいでしょうか?

英語は勉強すればするほど語彙力や長文読解力が増すはずなのですが、成績が伸びない場合は基礎学力に問題があります。基礎から文法を一度やり直した方がよいと思います。

模試の偏差値が30台です。ズバリ、合格しやすい医学部を教えてください。

慶応進学会フロンティアの【MPP】なら、志望校に合わせて基礎から学習を始め、入試では合格点を取れるように鍛え上げますので、中堅以下の私大でしたら合格しやすさはあまりかわりませんし、基本的には入試問題の相性にもよりますが、強いていえば、首都圏では聖マリアンナ医科大、地方では岩手医科大が攻略しやすいと思います。

そちらにお願いする場合に親としてやるべきことはありますか?

医学部受験の場合、特にお母様が熱心な受験生は合格しやすい傾向があります。お子様が授業に出席するように応援をお願いします。また、【MPP】を受講の場合は他の教材や講座は不要ですので、全て中止をしてください。やることが多いと的を絞れず、全てが中途半端で成果が出しにくくなりますので協力をお願いし ます。

現在高校1年生ですが【MPP】に参加できますか?

はい、大丈夫です。その場合は高校3年生の入試までに【MPP】の学習カリキュラムを終えますので、学習期間は長くなりますが学費は変わりません。

TOPへ