医学部受験の慶応進学会フロンティア» 偏差値40からの医学部合格に自信!» 慶応進学会の入試演習コース【SMMX】

慶応進学会の入試演習コース【SMMX】

慶応進学会の入試演習コース【SMMX】

慶応進学会の入試演習コース【SMMX】

これだけで来春医学部合格できます!
慶応進学会の30年の医学部入試研究から生まれた
医学部入試完全合格のための究極の学習プログラム「スーパーMMX」

医学部入試を徹底分析した


数学 1000問の反復練習
英語 1000問の反復練習
理科 (物理・科学・生物から2科目選択)1000問の反復演習
小論文 50問の演習
面接対策 10回の演習

医学部入試合格に必要な基礎学力~応用力をSMMXにおける厳選した問題の反復演習を
行うことで確実に身につけることができる医学部のためのスーパー受験術です。
医学部受験32年の経験を持つ当校講師・杉崎智介があらゆる経験則と統計学を駆使
して 完成させた問題演習メニューで、無理・無駄のない効率的な受験対策を実現します。

統計学は欧米では政府機関や企業においても積極的に活用されており、繰り返し行われる
事象を高い確率で予測する実践型の科学です。
特に日本では受験対策にも有効ですが、効果的活用がされているケースは現在に至っても
まだほとんどありません。


受講期間:個人のペースで5~10か月
受講費用:310万円(税込、一律・追加費用一切なし)

★定員20名★

※志望校は第1、第2志望が対象となりますが、
併願で5~6校までは十分対応できるものです。

「第1志望対策ができても他校は合格できない」

という心配は不要です。

コースSMMXの概念


(正しい勉強方法+志望校合格に必要な勉強量)×効率=失速せず志望校合格 

本プログラムは基礎力を固めながら、医学部受験を熟知した本校の講師陣が研究し尽くした問題を厳選し徹底的な演習を行います。
全科目、基礎力の確立と問題の解法を記憶に刻みこませる練習中心のカリキュラム構成。
私立であれば、各科目の問題解答数はおそらく試験場の受験生の中でトップクラスになるはずです。

コースSMMXによる医学部英語戦略


受験英語が苦手の原因のひとつに中学英語のツマヅキが挙げられます。 入試の英語は一定の規則さえ身につけてしまえば難しくはありません。

それが身についていない段階でやたらと入試問題を解くから英語が苦手になるのです。
慶応進学会フロンティアのSMMXは確実に志望校入試で英語が高得点を取れるように学習を進めていきますので安心してください。
現在の偏差値がどんなに低くても関係ありません。
入試で高得点を取るのは偏差値が高い受験生とは限らないのです。

SMMXは受講者それぞれのレベルに合わせ英語を再学習させることからスタートし、厳選問題による演習を
漏らすことなく最終的には90点以上取れるまで繰り返されるので、それにクリアする結果、英語の偏差値は70を超えてくるのです。
慶応進学会が10万名超の受験生を志望校に合格させ、医歯薬系に1000名以上を合格させられたのはこの学習法によるところが大きいのです。 SMMXではこの慶応進学会の伝統的な合格方程式に沿って、入試英語の規則を身につけつつ、志望校の出題傾向を完全に分析した予想問題演習を繰り返すことにより、誰でも受験本番で高得点が狙えるようになります。

コースSMMXによる医学部数学戦略


「数学が苦手」、あるいは「教科書や参考書で理解できるのに入試問題が解けない」
という受験生は多いと思いますが、それは勉強方法が間違っているからです。
高校数学で学んできた技術は単に数学的解法テクニックの習得であって、医学部入試においては、さらに数歩進んでどれだけその「解法テクニック」を知っていて、それを使って問題を解くことができるか?という作業処理能力を見ようとしているのです。
これを知っていれば、入試数学で悩む必要はありません。
慶応進学会フロンティアでは入試数学が難なく解けるようになる学習カリキュラムを組んでいます。
これを踏まえたうえで、SMMXは徹底的に分析・研究した志望校ごとの予想問題で確実に入試で高得点が取れるようプログラムされております。  
医学部受験では数学の問題を3000~4000問解かなければならないと言われています。
また、数学は反復が最も重要なので、それらの問題を7回は反復練習することで初めて本物の学力が身につくのです。
しかし、4000問×7回=28000問をこなしなさいというのは、多くの受験生にとっては酷な要求であるかもしれません。
そこで、志望校対策としてあらゆる効率面を研究し尽くした問題練習を概ね1000問に絞り反復練習をしてもらいます。
さらに入試直前には慶応進学会フロンティアが徹底的に分析・研究 した志望校の予想問題を提供します。
このシステマティックなカリキュラムに沿ってもらうことにより解答スピード や解法の判断の勘が着実に身につくので、確実に志望校入試で高得点が取れるようになります。

医学部合格の鍵を握る数学ですが
慶応進学会フロンティアのSMMXに安心してお任せください。

コースSMMXによる医学部理科戦略



生物



図解教材を使い、教科書や参考書では理解しにくかったことを体験的に理解させます。
生物は暗記の科目と言われていますが、イメージの掴めていない暗記は入試では役に立ちません。
そこでSMMXでは生徒に絵や図を書いてもらいながら理解を進めていきます。
また映像教材も使いながら教科書や参考書では理解しにくかったことを体験的に理解させていきます。
実はこれは医学部入学後の生物の講義に似ています。
SMMXは全員が入試合格ラインを超えてくるように指導します。



物理


入試で自己採点満点が狙える学力にまで引き上げます。
物理は少ない時間で成果を上げるのが容易な科目です。
現在、物理に苦手意識が強い生徒でも全然構いません。
入試では自己採点満点が狙える学力まで引き上げてあげます。
そのための時間は方法が正しければ数学の10分の1で済むのが物理の魅力です。

化学


SMMXでは志望校ごとの出題傾向を徹底的に分析・研究しており、無駄な勉強をさせません。
必ず出る場所を要領よく覚えていくことが重要です。
入試直前には「これだけやってください」という志望校入試の化学の予想問題を提供します。



TOPへ