医学部受験の慶応進学会フロンティア» 偏差値40からの医学部合格に自信!» 誰でも目指せるようになった医学部

誰でも目指せるようになった医学部

誰でも目指せるようになった医学部

最強の資格となった「医師」

  東大、京大を卒業しても企業に就職すればリストラの可能性があります。司法試験も法科大学院の制度により難関神話が崩れ、街には就職できない弁護士資格者で溢れています。
しかし、医師は勤務医だけでも24,000人が不足しているといわれており、東北エリアにおいては深刻な医師不足に陥っています。医師は現代日本においては最強の資格でもあるのです。

今や、特別の人のための医学部ではなくなった

一昔前だと医学部は地元で有名な秀才か開業医の子供が進学する先と考えられていましたが時代は大きく変わりました。 

私大医学部では定員を増員し、学費を大幅に値下げし、奨学金や地域枠などの制度が毎年のように充実してきています。すべて奨学金で私立大学医学部を卒業し、医師になった現在、他の職業よりずっと高給な月収から奨学金を楽々返済している医師はたくさんいます。
つまり、一般のサラリーマン家庭でも私立大医学部に進学可能なのです。

各医学部は今や高額の授業料に関心はなく、むしろ「優秀な学生」を欲しがっているのです。優秀な学生とは「客観的な判断する入試で合格点を取る受験生」であり、慶応進学会はその方法を伝授します。

TOPへ