医学部受験の慶応進学会フロンティア» 医学部大学別情報» 聖マリアンナ医科大

聖マリアンナ医科大

聖マリアンナ医科大

標準的な出題が多く、狙いやすい医学部のひとつ

2014年入試より補欠番号が公開されるようになった。

他の受験サイトでは再受験に厳しい医学部のひとつに数えられているが、
最近の状況を見る限り、再受験、多浪共に合格者は少なくない。

実際は年齢、経歴共に多様な学生が学んでいる印象が強い。

入試問題は標準的な出題が多く、狙いやすい医学部のひとつである。

但し生物は高校レベルを超える出題が目立つので
医学部対策の学習が必要である。

偏差値で判断し切れないのが特徴

英語、数学は比較的難化傾向にあるので、
過去問をよく研究し、的を絞った学習が必要であり、特に数学は出題範囲が絞られている。

全体的に問題が独特であり、偏差値で判断し切れないのがここの特徴であり、
聖マリアンナ志望者は、

とにかく過去問を徹底研究し、ここの出題形式に慣れ、
同時に学力の穴を埋める必要がある。

面接は重視されるので、「何故医師になりたいか」を明確にしておく必要がある。

TOPへ