医学部受験の慶応進学会フロンティア» 2018年度医学部大学別情報» 東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学

東京慈恵会医科大学

明治14年に創設された成医会講習所が前身。
医学科の教育理念は、医学の基本である"知識・技術・医の心"を学ぶことによって

医学を深く理解し、豊かな人間性と
倫理的・科学的判断力を涵養することである。

これらのことはすなわち「病気を診ずして病人を診よ」という建学の精神に基づいて、
全人的な医学・医療を実践するための礎を作ることである。

アドミッションポリシー
本学のカリキュラムを修得し、卒業時に求められる能力を達成できる学生として、
日々の学修と多様な経験の中から以下の能力を入学時迄に身に付けている人を求めまている。
1.変化する社会、多様な文化や人々の中での医療ニーズを学び、社会における医師の職責について学修することができる。
2.多様な個性・異文化の人々と交流ができる。
3.汎用的技能としての数理的スキル、論理的思考力、問題解決能力を有する。
4.自らの考えをまとめ、それを表現し、他者との対話を通じて協調的に新しい知識を創造できる。

定員:110人

2018年度入試対策

英数注意点:
英語・文法、語彙、長文問題が2つと英作文問題で構成されている。
全体的に問題の難易度が高く、特に語彙の問題が難解である。語彙の問題は単語を実際に書かせるので、
単語を正確に書く練習が必要である。文法問題も高度で、基礎的なことが理解してもなかなか解けない問題なので、
難問にも取り組む必要がある。長文問題はやや難しいので、普段から多くの長文に接し精読の練習をしっかり積むこと。
英作文問題も与えられた日本文も難しいので、日本文の意味をしっかりくみ取る練習が必要である。
英作文問題集などで、正しい英文を書く練習をしっかりすること。

数学は幅広い難易度の問題が出題されるので振り回されないようにしたいところ。

TOPへ