医学部受験の慶応進学会フロンティア» 2018年度医学部大学別情報» 北里大学

北里大学

北里大学

北里大学

北里大学は学祖北里柴三郎博士が生涯を通して示した
「開拓・報恩・叡智と実践・不撓不屈」の精神に則り、
生命科学をリードする研究者、教育者を養成する一方、
専門職業人として必要な高度専門知識・技術を教授し、
社会に有為な人材の養成を目指している。

患者さんの立場に立って考えることができる思いやりと
生命に対する畏敬の念をもって医療にあたることができる
「人間性豊かで優れた医師の養成(学部基本理念の一つ)」を目的とすることから、
入学者の受け入れにおいては、学力試験の結果を尊重することはもとより、
将来医師となるべき資質、能力をも含め、

総合的な判定による入学者の選抜を基本方針とし、

現代医療において特に重要視されている「チーム医療」の観点から、
人望や包容力など「リーダー」としての資質を備え、
体系的な医学知識と確実な医療技術を持ち、最先端の医学に関する知識を
意欲的に吸収する努力を続けることができる医師の養成を理念としている。

2017年より学部教育の質をWFME(世界医学連盟)の示す国際基準に準拠した内容とすべく、
カリキュラムを全面改訂。

1年次は、入学後すぐに実施される「病院体験当直」や専門科目の履修を通して、
医師をめざす者としての自覚を育み、同時に広い教養と見識を養うための学びとして、
充実した教養科目を開講。解剖学は半年かけて行われ2年次には人体の正常な形態と機能を学び、
2年次で得る知識は3年次から展開される器官系別総合教育につながる。

3年次は北里独自の医学教育システム「器官系別総合教育」がスタートし、
講義は、基礎医学科目の「各論」を中心とした内容で、
器官系ごとに疾病のメカニズムや治療法について学ぶ。

4年次は3年次に始まった「器官系別総合教育」をより臨床医学的に発展させるかたちで履修。
5年次は1年間をかけて大学病院の全診療科をローテーションでまわり、
臨床医学の根幹となる科目を学ぶとともに、北里大学病院・北里大学東病院の基本理念である
「患者さん中心の医療」についても理解を深め、
6年次は前期に希望する3つの診療科を3週間ずつ経験するクリニカルクラークシップ
(診療参加型臨床実習)も実施され、後期には医師国家試験に向けた総合講義をスタートし、
6年間の総仕上げを行う。

定員:119名

2018年度入試対策

英数注意点
英語:長文問題、文法問題、会話文問題からなるが、
試験時間が70分しては問題が多いので、時間との闘いとなる。
最初の長文問題の語数が長く、難しい設問もあるので時間を要するであろう。
長文問題を解くには文法力を試しているので、文法力を高める必要がある。
単語、語彙も難しいものもあるので、単語、語彙力も充実させる必要がある。
長文は読解力を試しているので、普段からたくさんの英文を接して精読の練習をすること。

数学・入試問題は、よく練られており努力の実力通りの結果が得られやすく、
フロック合格が生まれにくい。数学は医学部のなかでは易しい方だが
記述式なのでその練習をしておかなければならないだろう。

TOPへ