医学部受験の慶応進学会フロンティア» 2018年度医学部大学別情報» 愛知医科大学

愛知医科大学

愛知医科大学

愛知医科大学

求める学生像
1.医学への強い志向と学習意欲を持つ人
2.医学を学ぶために必要な基礎学力と問題解決能力を備えた人
3.人間性と教養が豊かで,倫理的価値判断に優れた人
4.協調性を持ちコミュニケーション能力に富んだ人
5.誠実で常に努力を怠らない人

愛知医科大学は,これまでも「特色ある医科大学づくり」を基本方針とし、
存在意義を明確にする医科大学づくりに努め、これまでの諸活動を一層発展させ、
「社会から評価され、選ばれる医科大学」を基本方針とし
改善の重点項目として次の三つの行動指針を定め、教育・研究・診療にかかわる
すべての領域において、更なる飛躍のための新たな改革実現に取組んでいる。

将来医師として活躍するために実習を通して医師としての責任ある
トータルセンスを身につけるべく、早期に医学への関心を高めるために
入学直後からの解剖学や生理・生化学講義を実施し、2年次にチーム医療実習などを通した
実体験、4年次の地域医療早期体験実習を実施している。

2018年度入試対策

英数注意点:学科試験に関しては特に基礎力重視
英語・文法・語彙の問題はやや難しい問題が出題されるので、
文法力をつけると同時に単語・熟語の文中での使い方に注意する必要がある。
長文はさほど難しくはないが、普段からやや長い文章を読んで、精読、速読の練習を積むこと。
長文の問題の中にも整序の問題もあるので文法の力を強化させる必要がある。
数学は誘導がなくても長い議論が自分でできるように普段から練習しておくとよいだろう。

面接は医学部のなかでも厳しいといわれる大学のひとつ。

意図的な圧迫も多いので本番でうろたえないよう対策が必要。

定員:医学部医学科 110人

TOPへ