医学部受験の慶応進学会フロンティア» 2018年度医学部大学別情報» 東京女子医科大

東京女子医科大

東京女子医科大

東京女子医科大

我が国唯一の女子医科大で、東京女医学校を前身とする歴史のある医学部。
難易度は私立医学部の中では中程度で、東京都新宿区という立地から、
女子の志望者は必然的に多くなる傾向である。
多浪生や再受験生に関しては、女性限定という性格上、合格の可能性はあるが、
出願書類などで的確な対応が必要である。早稲田大との関係が深い。

2018年度入試対策

例年標準的な問題からの出題傾向であるが、
2017年はやや難しい問題も含まれていたが、大きな負担はないと思う。
医学部受験生であれば解いて欲しい問題が多く、慶応進学会であれば

授業に真面目に参加している生徒ならば1次試験合格は順当である。

標準問題中心なので安易に女子医大に照準を合わせた勉強を行う受験生も多いが、
それは間違いであり、少々調子が悪くても合格できる学力をつける必要がある。

2018年も標準レベルの出題が予測される。2017年入試問題解説を当校ホームページに掲載済。

TOPへ