BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[60]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ

ブログ

ブログ一覧

医学部志望の高校生です。

   投稿日: 2018/03/11

次年度の選択科目を選ばなければいけないのですが、考え込んでしまっています。 化学は必須なので、生物と物理だったら、生物のほうがまだ得意です。 物理は大量得点につながると言いますが、大量失点の可能性もあります。 これからの勉強でどうなるかわかりませんが、私の場合は物理はやらかしてしまうイメージがぬぐえません。 医学部受験の場合、物理をとる人が多いようですけど、みんな物理が有利だからとるんでしょうか...続きを読む

継続

   投稿日: 2018/03/10    投稿者:中村 克己

 昨日は、藤井聡太六段が、師匠の杉本昌隆七段に公式戦で勝利した、というニュースがありました。私は勝負事は何でも好きなので将棋ブームにも乗っておりまして、千駄ヶ谷の将棋会館まで足を運んだこともあります。  将棋会館では様々なグッズが売っていて、私の目当ては羽生善治永世七冠のもの。何にしようと物色していたら、扇子が目に留まりました。そこには羽生さんの揮毫で、 「継続は力なり」 と記されている。  ...続きを読む

講義はライブ

   投稿日: 2018/03/10    投稿者:夕部 泰弘

Microsoft PowerPoint - 18カリキュラム.pdf春季講習が始まっています。添付ファイルにある通り、受験生物を構成する基礎概念たる柱を受講者の頭に建てます。そのために綿密にテーマを選び、レジュメを作成しました。かなりの自信作です。がその上で。講義はライブです。ナマモノでいきもの。先日、講義中にどかどかとなぜか諸先生方が入ってきました。授業参観ですと。。ほう。ちょうど最初の講...続きを読む

高校3年の受験生です。医学部志望です。

   投稿日: 2018/03/09

親は開業医で、子供のころから将来は医者になるんだと漠然と思ってきました。というか、家庭内の会話が自然とそういう流れになっていたので、あまり疑問に思わずに医学部を選ぼうと思ってきました。 妹がいるのですが、女の子ということもあり、親も「好きなことをすればいい」みたいな感じで、 留学させてもらったり楽しそうにやっています。 高3になり、受験ももうすぐですが、困ったことに模試ではボロボロです。自分で問...続きを読む

メドベージェワと表現力

   投稿日: 2018/03/08    投稿者:中村 克己

 今年も3月11日が近付いて来ました。東日本大震災を風化させないためのイベントが各所で催されていますが、チャリティ企画で羽生結弦選手がヤフオクに出品した練習用のスケート靴は、何と今、570万円まで値上がりしています。入札終了まであと3日ですが、いったいどこまで高騰するのか、、、彼の人気は留まるところを知らないですね。  羽生君は今回、劇的な金メダルを獲りましたが、フリープログラムで演じる「陰陽...続きを読む

医学部志望です。

   投稿日: 2018/03/07

長いこと受験勉強をやってきて、もうすぐセンターです。しかし、8割そこそこしかとれません。 その理由はマーク式の試験が苦手だからです。成績が良い受験生は、マークだろうと記述だろうと関係ないでしょうが、 一般的には記述のほうが難しいと思われていますよね。多分、「マークならばいくつかはカンで答えて当たるかもしれない」 と考える人はマークの方がいいと言うと思います。 でも、私は記述でできるところまで書く...続きを読む

モリ・カケ問題

   投稿日: 2018/03/06    投稿者:中村 克己

 ここ数日、森友文書が財務省によって書き換えられていた、という記事が新聞を賑わせています。国有地取引の決済文書(契約当時のもの)を、問題発覚後に書き換えていた、と。  今日、財務省はこの件の調査状況について報告することになっていますが、「便宜を図っていない」というこれまでの政府与党の説明を信じる人はもはやいないでしょう。既得権益を持つ人たちは、いつの時代もヨロシクやっているようで、羨ましいやら...続きを読む

先入観

   投稿日: 2018/03/05    投稿者:中村 克己

 私ばかりがブログを書いていますが、慶応進学会フロンティアには、私以外にも多くの英語の先生が在籍されており、その中の一人に、大御所がいらっしゃいます。  その名を後藤先生と言いまして、年齢は私の父親くらいの大ベテランなのですが、いつも紙の辞書を携えて英文を読んでおられる慶応ボーイです。私などは最近は辞書を引く回数がめっきり減っているので、その姿を見るたびに見習わねばと思っています。ただ、後藤先...続きを読む

宅浪の難しさ

   投稿日: 2018/03/04    投稿者:中村 克己

 私のブログを読むと、この予備校は口が達者なイキリマンを一人雇ってるらしい、と思うかもしれません。でも、こう言ってはなんですが、当ブログは企業HPに載っているブログです。注目を集めることを一つの目的にしていますから、文体を演出しています。実際の私は大人しいもので、必要がなければしゃべりません。背中を丸め、世間を敵に回さないようにして生きています。  数日前は、久々にネクタイ着用で予備校に行った...続きを読む

続・両方大事

   投稿日: 2018/03/03    投稿者:中村 克己

 前回の続きです。  前掲書の宣伝文句の中で、鴻上さんは、「精神」を語るのは安易で、優れたリーダーは「リアリズム」を語る、と主張しています。  つまり「精神」と「リアリズム」をあたかも対立する概念であるかのように語るのですが、ここに違和感を感じます。  「精神」も、「リアリズム」も、両方大事です。と言うより、「精神」も立派にリアルなものであり、リアリズムの中に含まれると私は思います。もちろん鴻...続きを読む

TOPへ