BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[54]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ

ブログ

ブログ一覧

シンプルに考えると

   投稿日: 2018/07/23    投稿者:中村 克己

  須藤元気という格闘家のことをご存知でしょうか。2006年に引退しましたが、以来、作家・俳優等さまざまな活動を行っているようで、特に彼が立ち上げたダンスユニットは話題になりました。最近は「面倒くさがり屋の僕が3か月で英語を話せるようになった唯一無二の方法」という本を出版しています。私は新宿のブックファーストでたまたま目にし、手広い商売をしよるのうと思いつつ、手に取りました。  須藤氏は今まで何度...続きを読む

京都大学理学部に在籍中です。医学部を再受験したいと考えています。

   投稿日: 2018/07/21

現在、京都大学理学部に在籍しています。 しかし、本当にやりたいことができたため医学部を再受験したいと考えています。 親には今の大学はやめるな(中退するな)、できれば京都大学理学部を卒業して欲しい。 医学部を目指すことは卒業してからでもいいのではないか?と言われています。 現在、大学3年生です。卒業まであと1年半あるので、自分としては1年半も待つことはしたくないと考えています。 出来るだけ早く医...続きを読む

現在医学部に在籍しています。卒業後の目標がありません。

   投稿日: 2018/07/18

最近たびたび、医学部生にはお金がかかっているんだから、医者になってくれないと困る的なものをよく見かけますが、 やはり世間の人は医学部に入った学生が、医者以外になることを良く思わないのでしょうか? 自分も現在医学部に在籍していますが、成績が良かった為、周りからは医学部を受験した方が良いと言われ受験しました。 実際、自分の実力を試したいという事もあり、受験しました。 将来どうしたいか?という目標や...続きを読む

読むことと書くこと

   投稿日: 2018/07/15    投稿者:中村 克己

 前回のブログは、長いですね。  書いている当人がそう思っています。これはいけません。  今はスピードの時代、とつくづく思います。医学部英語の入試問題を見ていてもそうで、じっくりと考えさせる問題は少ない。もちろん思考力は必要ですが、限られた時間内で効率よく考えることが求められます。  入試担当者が求める資質の一つは、速さ。この状況下で「スピードも大事」と生徒に伝えていると、自然、私も「スピード大...続きを読む

私は現在高校生です。国公立医学部受験を考えています。

   投稿日: 2018/07/14

医学部在学中に生活費を自分でまかなうことは可能でしょうか? わが家は普通のサラリーマン家庭です。できるだけ親に負担はかけさせたくないと思っています。 出来る限りの費用は自分で何とかしたいと思い、奨学金も考えましたが、定員枠が少なく、 自分にはかなり厳しいと判断しました。 親に相談したころ、「本気で医者を目指すなら。」と、受験費用、学費、家賃は親が負担すると 言ってくれました。 しかし、医学部に合...続きを読む

高校3年生の受験生です。

   投稿日: 2018/07/11

4月の時点ではまだ、理学部を受ける予定だったのですが、つい最近、知り合いに自分の将来の話をしたところ、 「目標に近づくには医学部の方が良いのでは?」と言われました。 そうなのかな?と思って調べたところ、やはり医学部の方が良さそうでした。 そこで、現在は医学部を受験したいと思っています。将来の目標を決めてから今まで理学部を受験する予定で 勉強や準備をしてきましたが、私の調査不足もあり、少し悔やん...続きを読む

現在20代後半の社会人です。

   投稿日: 2018/07/08

大学を出て就職をしましたが、医学部への夢が諦めきれずに退職し、再受験のため新たに受験勉強をしています。 僕のような再受験者は少なくないと思いますが、再受験者に厳しい大学もあると聞きます。 例えば、合格点に達しているにもかかわらず、面接で不合格となったケースがあると聞きました。 医学部再受験に寛容な(年齢差別のない)大学、再受験者の多い大学はありますか? また、実際に再受験して合格者の多い大学...続きを読む

視点

   投稿日: 2018/07/02    投稿者:中村 克己

  「ユーザー目線」という言葉があります。ネットビジネスが存在感を増す昨今、広く知られている言葉になっています。この言葉は私にとって大きなテーマでもあります。最近もあるネット記事を読んで考え込みました。以下、藤田晋さんのブログから↓______________________________________ ネットサービスのプロデューサーや開発陣と仕事をしていると、最初はユーザー目線で創っていた...続きを読む

続 コンディショニング

   投稿日: 2018/06/20    投稿者:中村 克己

 前回のブログではコンディショニングの重要性について書きたかったのですが、話があさっての方向に飛びました。改めて↓ 記したくなったのは、数日前にある生徒さんが「私は絶対に休みません」と口にしたことがきっかけです。昨今なかなか耳にしないセリフで、印象に残りました。 医学部をはじめとする難関大学は狭き門です。当然、ライバルも必死で闘っています。その中で頭一つ抜けるためには、同じことをしている訳にはい...続きを読む

コンディショニング

   投稿日: 2018/06/19    投稿者:中村 克己

  「医者の不養生」という言葉があります。人に養生を勧める医師が、自分は健康に注意しないこと。転じて、正しいと分かっていながら自分では実行しないことをたとえた言葉ですが、「健康に注意する」のは、言うは易く行うは難しいものです。人によって体質は違いますし、注意し過ぎても生活者としてのバランスを失う気がしますし。  ただ、健康への留意が仕事そのものになっている職業もあって、彼らは自らの存在を懸けてコン...続きを読む

TOPへ