BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[6]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[2]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ

ブログ

ブログ一覧

夏期講習内容(数学)7/18~

   投稿日: 2016/06/12

<自然流マスター>   軌跡の間は自然流、逆手流の2つの解法が主である   どちらの解法も使えるようにすべきであるが、実際の受験生を見ると 逆手流でなんでもかんでも解こうとして自然流が使えない生徒がじつに多い。   自然流ができないと事実上解けない問題も多いのできちんと理論も含めて自然流をマスターする必要がある。   夏期講習では近年の医学部入試を主な題材としながら、自然流の解法について詳細に講義...続きを読む

入試回答速報:名古屋大学

   投稿日: 2016/04/06

名古屋大入試回答速報+解説

入試回答速報:東北大学

   投稿日: 2016/03/23

東北大学 数学 見た目よりは解きやすいが、どう手をつけるか迷いやすい。 問の集まりで点数は伸びづらいセットだろう。 きちんと勉強したかで差がつき、極端に難しい問もありよいセットだが 実戦は8割目標でそれよりやや低くても他の科目で 十分カバーできるというところにおさまるだろう。

入試回答速報:慶應義塾大学 医学部

   投稿日: 2016/03/23

慶応義塾大学 医学部 2016年度 例年に比べると穏やかで、より実力差も出るセットとなっている。 例年よりはマシとは言え、ハードなセット。 【1】完答と【2】【3】【4】の部分点で5割はすぐ確保できるが、 どれかを完答まで近づけて6割をきちんと越えるかが大切。 【1】典型的な問いの集まりでそう難しくもない。(3)がはみ出しけずり論法で、 今年は順天堂でも出ていて知っているとやや運が良か...続きを読む

入試回答速報:阪大

   投稿日: 2016/03/16

【阪大】 【4】がやや難解だが他は標準的。 順を追って考えると解けるが一気に解ける。 ひっかけのない問のセットなので、きちんと勉強しているかどうか差がつきやすいだろう。 【4】以外の8割確保が目標だが 実戦では【4】に手をつけすぎて 解きやすい【5】に手をつけていない人も目立ったかもしれない。

入試回答速報:京大

   投稿日: 2016/03/16

【京大】 京大は易化傾向にあり、今年もその傾向そのままである。 【6】以外は典型的なので【1】~【5】の165点も難しくない。 本来は8割ノルマの9割目標と言いたいが実際は残念ながら7割で勝負になりそうだ。 易化傾向とはいえ面白い問の出題が続くのは流石、京大。 また、8割ノルマ9割目標という難易度設定を入試として、 ちょうどよく難化させて5割近辺での勝負にする大学には京大を見習ってもらいたい...続きを読む

入試回答速報:東大

   投稿日: 2016/03/14

東大【1】 東大【2】 東大【3】 東大【4】 東大【5】 東大【6】 東大 例年よりは易しく典型的な問いも目立つ(【1】【2】【3】【6】) とはいえ類起経験だけで押し切れるほど甘くなく実力差がよく出るだろう。 特別難しい問はないが、答案は書きづらく思う問いがしばしばあるかもしれない。 特に【5】(3)は明らかすぎてどこまで記述を要求する...続きを読む

大学別出題傾向・昭和大(医)

   投稿日: 2016/03/07

昭和大(医) 英数2科目で140分で一部が答えのみの穴埋め形式である。 難問はないが、記述式の問題にはきちんと論理を勉強していないと書きづらいものが多い。 まったく関係ない小問が並ぶので、解きやすいものから解いていくことになる。 おおむね数ⅠAⅡB が1、2、数Ⅲを 含むものが3、4になっているようである。 毎年のように「n個のものからいくつかとる」確率・場合の数の問題が出題されている。 ...続きを読む

大学別出題傾向・日医・順天

   投稿日: 2016/02/25

日医 例年、大問3問、90分の試験である。大問1は穴埋め式で、 大問2、3は記述式だが、解答を記述するスペースは小さい。 時間的には余裕があるが、関東の大学の中では少し難しい問題が出題される。 大問1は小問集合で、普通の受験生活を送っていれば一度は見たことがあるであろう 小問が並んでいる。ベクトルや確率は頻出で、他は様々な分野から幅広く出題される。 不等式による評価が絡むものが目立つので、...続きを読む

慈恵医大入試問題解説

   投稿日: 2016/02/25

慈恵医大 【1】(1)(ア)1,3の箱をまとめてA、2,4の箱をまとめてBとしておくと、 最初、Aに赤玉が2個、Bに白玉が2個入っていることになる。 また、題意の試行は1/3の確率で玉の移動を行わず、 2/3の確率でAとBの玉の片方ずつを無作為に選んで交換することに相当する。 2回の試行でAに赤玉2個、Bに白玉2個となっている確率は (イ)(ア)と同様に1,2の箱をまとめてC、3,4の...続きを読む

TOPへ