BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[40]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 社会人で医学部への再受験を考えています。現在27歳です。

ブログ

社会人で医学部への再受験を考えています。現在27歳です。

   投稿日: 2018/04/11

社会人で医学部への再受験を考えています。.jpg

就職してからずっと医学部再受験を考え続けています。今の仕事ではモチベーションが上がりません。

医学部受験を決めたのは思いつきなどではなく、その気持ちはずっと続いています。

これまでコツコツと勉強をしてきました。

理数系はもともと得意なので、英語や論述を中心にやってきました。

仕事をしながらなので、勉強時間は短いですが、空き時間はほとんど勉強です。

そんなところで、模試でもなんとかA判定をもらえるようになってきました。

少し前途が見えてきたと嬉しく思っています。

学力のことはさておき、一つ問題があります。

コツコツとお金を貯めてきたのですが、安月給のため、イマイチお金が足りません。

受験までにかかる費用、入学金は大丈夫ですが、そのあとの学費が準備できていません。

今のペースで貯金するとしても、6年間の学費を貯めるにはあと5年ぐらいかかってしまいそうです。

でももう歳も歳ですから。借金をしてでも受験すべきか悩んでいます。

どうすべきでしょう。

 

 

 

 

 

奨学金制度もしくは教育ローンを利用検討するのが一般的です。

奨学金制度には、まず大学独自の奨学金制度(貸与・給付)があります。それぞれの大学によって条件も支給される額も違います。なかには地方勤務の条件を満たせば自己負担もゼロになる制度もあります。(地域枠入試)

また、日本学生支援機構の奨学金【第一種(無利息)、第二種(利息付)】や地方自治体の奨学金制度、卒業後に当該機関にて働くことを条件に支給される医療機関の奨学金制度などもあります。

教育ローンには公的金融機関が貸し付けるものと、民間の銀行や信用金庫などが貸し付けるものもあります。金利負担少なめの公的ローンを借りつつ、足りない場合は民間ローンで補いましょう。

日本政策金融公庫の教育一般貸付が代表的であり、(最高350万円まで・返済期間は最長15年・固定金利型、年1.90% ※条件により優遇金利措置アリ)民間金融機関には労働金庫の教育ローン(ex 融資金額最高1000万円)千葉銀行(MAX3000万円※学費等の範囲内、住居が千葉、東京、差玉、茨城などにあることが条件。)三菱UFJ銀行(医歯薬学部・研究科の場合は30万円以上1000万円以内)などがありますので、検討されてみてください。

医学部に入学するのは一年でも早いことに越したことはありませんので、お金を貯めてからより、上記給付金制度をうまく利用されたほうが宜しいでしょう。

TOPへ