BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[40]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 夕部 泰弘» 講義はライブ

ブログ

講義はライブ

   投稿日: 2018/03/10    投稿者:夕部 泰弘

Microsoft PowerPoint - 18カリキュラム.pdf

春季講習が始まっています。
添付ファイルにある通り、受験生物を構成する基礎概念たる柱を受講者の頭に建てます。
そのために綿密にテーマを選び、レジュメを作成しました。
かなりの自信作です。

がその上で。講義はライブです。
ナマモノでいきもの。

先日、講義中にどかどかとなぜか諸先生方が入ってきました。
授業参観ですと。。

ほう。

ちょうど最初の講義として伝えるところの難しい場所ではありました。
若干停滞気味になってしまった。

それまではよいリズムで進んでいました。
しかし、講義は常にオープンであるべきです。
総理大臣がこようが彼女さんがこようが、こなくても、同じように進められるべきものです。
それだけの自信と準備をもって臨んでいます。


でもシャキーラやパールマン、Pitbull が来たらまあ、授業は終わりですが 笑

全科目の講師が入って来られた時点で、講師に質問を振るべきだった。
ちょうどt RNAがアミノ酸を運んでくる場面でした。
transufer の意味、なぜコドンは3つ組じゃないといけないか、アミノ酸の結合は、、、
英語、数学、化学の先生を交えて、そのやりとりを通して生徒に伝えられることが山ほどあった。
せっかくめちゃめちゃ面白い講義に出来たのに、、生徒を楽しませられたのに
そのまま私と生徒の普通のやりとりで進んでしまった。
私が少し緊張したんだと思います。
生徒に申し訳ない。
リベンジしたい。

体験でもなんでもいい、もし入塾を迷っている方がおられたら是非講義を受けてください。
疑問に思っていることを質問してください。
体験してください。

ここならいけるんじゃないかと思わせる自信あります。

カテゴリ:

TOPへ