BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[47]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 中村 克己» 先入観

ブログ

先入観

   投稿日: 2018/03/05    投稿者:中村 克己

ZBDSC_4863_TP_V4.jpg

 私ばかりがブログを書いていますが、慶応進学会フロンティアには、私以外にも多くの英語の先生が在籍されており、その中の一人に、大御所がいらっしゃいます。

 その名を後藤先生と言いまして、年齢は私の父親くらいの大ベテランなのですが、いつも紙の辞書を携えて英文を読んでおられる慶応ボーイです。私などは最近は辞書を引く回数がめっきり減っているので、その姿を見るたびに見習わねばと思っています。ただ、後藤先生の辞書はだいぶ古くて古伊万里と並んでも違和感がないくらいなので、先生それ新しい言葉載ってますか...とも思っていますが。

 先日、その後藤先生がイヤホンを耳にしながら新宿通りを歩いておられました。先生はリスニングも欠かさないのか、スゴイなあと思いつつ話しかけると、音楽を聴いていたと仰る。何を聴かれるのですか?と私は尋ねました。

 私はてっきり、「八代亜紀の『舟唄』だよ。肴はあぶったイカがいいんだ」とか、「笠置シズ子だよ。ブギに勝る音楽があるかね?」と仰るはずだ、と予想していました。見た目的には、後藤先生はおじいちゃんと言いますか、クラシックな紳士ですから。

 そしたら大御所は「松田聖子」だと仰る。私は松田聖子が好きなのだ、と。

 え??じゃあ「渚のバルコニー」聴いてたんすか...!!

 思い込みとか決めつけって怖いですね。知性は「最短の道」を選んで進みたがる傾向があり、その結果、しばしば誤った方向に導かれる、と言われますが、まさにその通りだな、と思いました。

 思い込むってことはフィルターをかけて物事を見ることで、そうすると、本来、入って来てもいいはずの情報や発見を、自動的に排除してしまう。そうして自分の従来の考え・嗜好を強化するものだけを採り入れるようになれば、当然、変化できなくなる。これは怖いことです。

 来期に向けて始動する受験生もいらっしゃるでしょう。今期の受験で「1次合格にもまだ遠い」と感じた方は、どこかで変化する必要があると思って下さい。そして、変わるために必要なのは、素直さや、先入観のなさだと思って欲しいです。

 ちなみに後藤先生はZARDもお好きだそうです。困難に負けないで頑張って行きましょう。

カテゴリ:

TOPへ