BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[47]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 小学4年生の親です。

ブログ

小学4年生の親です。

   投稿日: 2018/03/18

小学4年生の親です。.jpg

子供を将来医学部に入れたいと考えています。

自分自身がかつては医学部に挑戦し、2浪した末、希望でない大学、学部に行きました。

これ以上浪人しても学力は落ちる一方だと見切りをつけたことと、遅れを取り戻して早く自活しなければということもあったので、

他学部に行き、4年で卒業して中堅の企業に勤めています。子供の進路は、子供が望むようにと考えています。

決して親のエゴで押し付けることはなく、子供とも時々話をしてきました。驚かれることも多いですが、

子供が自ら医師になりたいと意識しているようなのです。

それならばできる限り協力し、ある程度の牽引をしてあげるのが親の務めだと思い、私自身が「子供を医学部に入れたい」

と積極的に思うようになりました。

まだ小学生なのに同じような親御さんも何人かいらっしゃいます。そういう方たちに話を聞くと、

「そのためには中高一貫校にいかせるといい」と言っていました。

それはなぜですか?どう有利なのですか?6年間わき目もふらず勉強させると成果が上がるんでしょうか。

不利な点は無いのでしょうか?

一般的に進学校というと中高一貫校であるケースが多々ございますが

中高一貫校でこと医学部にも得手な学校はなかなか稀有です。

全国でもトップクラスの進学校でも自由な校風を挙げている学校も多く、つまるところ通う生徒の資質スペックにかかっています。

また、学業が厳しいにも関わらず、医学部に合格させるためのカリキュラムが構築されていない中高一貫校に入学してしまった場合はかなり残念なその後になってしまうでしょう。

中高一貫校に通っている生徒でも、大多数は下校後にそれぞれ塾や予備校に通って医学部に合格するための力はそこで養っています。

この点を踏まえて、中高一貫校で医学部進学実績がある学校選びからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

TOPへ