BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[41]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 2018年2月

ブログ

2018年2月アーカイブ

ナマに触れるということ

   投稿日: 2018/02/27    投稿者:中村 克己

 昨晩、たまたま酒席で、とある病院経営者と同席する機会がありました。  その方は歯科医師の先生でもあるのですが、経営者として、十数人もの医師をマネジメントしているそうです。  精力の塊、といった印象の方で、日本の医療費は高すぎる、もっと少なく抑えられる、俺はそれを必ず成し遂げる、と意気軒高でした。この20年以上ずっと働いていて、仕事をしなかった日は一日もない。8000日くらい連続で働いている、とか...続きを読む

続・言葉に出来ることの強さ

   投稿日: 2018/02/26    投稿者:中村 克己

 3日前のブログでは、小平奈緒さんが、自らの技術を言葉にする取り組みを続けて来たことを紹介しました。このテーマに関して、他にも紹介したいエピソードがあります。またまたスポーツの事例で恐縮ですが、比較的伝わりやすいのがスポーツなので容赦下さい。  日本サッカー連盟とJリーグは協働事業として、3年前から、選手育成に優れる海外クラブに指導者を派遣しているそうです。テーマは「ワールドクラスの選手を育てる」...続きを読む

近畿大学医学部(後期)の英語

   投稿日: 2018/02/25    投稿者:中村 克己

  近大医学部の後期試験が迫っています。後期は赤本には載っていませんから、問題を見たこともない、という生徒さんもいるかもしれませんが、それでは当然不利になります。当予備校には後期試験のデータもありますし、我々講師も精通しています。問題が欲しい方はお問合せ下さい。  近大の英語は、去年(2017)から形式が変わりました。2016年までは、後期は他学部と同じ問題を使用し、例年高得点勝負になっていました...続きを読む

実はチーム戦

   投稿日: 2018/02/24    投稿者:中村 克己

 ピョンチャン五輪では、競技終了後、素直に周囲への感謝を口にする選手が多いと感じます。メダルを獲得した選手も浮かれるそぶりを見せず、必ず謝意を表す。見ていて清々しいです。  冬のスポーツは総じて競技人口が少なく、周囲のサポートなくして競技は続けられません。そういった環境で戦えば、自然と人様のありがたみが身に染みるのでしょう。人間、一人じゃ何もできない。こんな当たり前のことも本当に腹落ちさせるには成...続きを読む

言葉にできることの強さ

   投稿日: 2018/02/23    投稿者:中村 克己

  何日か前のことになりますが、小平奈緒さんがスケートで金メダルを獲得しましたね。彼女の強さにまつわる話として、紹介したいエピソードがあります↓  小平には年に一度、「技術討論会」として、自らのスケーティング技術を語る日があるそうです。スタート前に腰を右手でこんこんと叩くのは「右骨盤を中に入れて」、速く飛び出すため。スタート時の姿勢は「怒った猫のような背中を意識し、肩を上げる」と表現されます。  ...続きを読む

TOPへ