BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[6]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[2]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 医学部推薦入試対策は?

ブログ

医学部推薦入試対策は?

   投稿日: 2017/12/27

07.jpg

医学部受験生の者です。推薦枠で受験できることになりました。今まで一般入試で受けるつもりだったので、

勉強はきちんと準備してきました。推薦はどうか?と言われるまでに、学校でもかなりいい成績をとっていたので、

推薦で受けることにしたのですが、単願になるので、結構プレッシャーです。

それに医学部の推薦入試は、全然合格を約束されたものではないですよね?

ちょっと不安を感じ始めています。

医学部の推薦入試対策なんですが、小論文と面接、どちらを重視すべきですか?

面接はどんなことを聞かれるんでしょうか?

小論文もそうですけど、最近は医師の倫理観とか、コミニュケーション能力とか、人間的に偏りのない医師が育って

いくようにという風潮になっているので、求められる人物像が厳しくなっていると聞きます。

ただ治療をすればいい、とか、儲かるから医者になりたい、とかは人間的に医師の適性がないとみなされるようで、

そういうところを小論文や面接で問われるんじゃないかと思います。

面接は0点で落ちたという過去の例がありました。

何を聞かれてどう答えたら0点なんでしょうか。

小論文も面接も主観的なことをどう点にしているんでしょうか。また、面接で失敗すると、落ちることもあるんですね?

いろいろご研究されているとおりのままです。あえて表現するなら、入学試験というより新卒の入社試験と同じ感覚と考えたほうがよいでしょう。人間性と、医師という適性を踏まえた一般常識があるかという点が主眼だと考えてください。

面接0点はおそらく人間性を著しく疑われるような禁忌質問に引っかかってしまった可能性もありますね。 

TOPへ