BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[47]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 理学部から医学部へ受験しなおしたいです

ブログ

理学部から医学部へ受験しなおしたいです

   投稿日: 2017/10/25

m-2.jpg

現在、京都大学理学部に在籍しています。生物科学を専攻しています。

細胞の構造や機能、遺伝子の発現、発生、神経伝達、分子構造などの分野の勉強をしています。そういった勉強には

もともと興味があり、研究職につければいいと思っていましたが、細胞の勉強をすればするほど、人体の細胞研究をやり

たく、しかも最近では、臨床でやっていきたいと思うようになりました。

京都大学理学部に入るためにはもちろん並大抵の努力ではなく、文字通り勉強漬けの毎日、生涯でこんなに勉強に打ち

込んだことは後にも先にもあの時だけであったと思います。

その努力が報われた時の嬉しさは忘れられません。

しかし、本当にやりたいことが絞り込めてくると、このまま理学部を出て、大学院で研究をするコースより、医学部を受験

した方がいいのではと考えています。

いくら難関を突破した学力があっても、それから数年経っているわけですし、生半可な気持ちでは医学部など選べるもの

ではありません。

親には今の大学はやめるな、できれば卒業してからでもいいのではと言われています。卒業してから再受験するとなると、

モチベーションが続くかが問題ですし、卒業研究にかなりの時間をとられてしまいます。2足のワラジで医学部受験ができ

るほど甘いものではないのではないでしょうか。

中途半端にこれから卒業までの時間を使うのは勿体ない気がします。

どのような形で医学部を受験するのが確実だと思いますか?

単位はとれているので、今の状態でも十分受験勉強は可能ではあります。

2年次編入、3年次編入、学士編入、再受験と、大学に通いながら医学部合格に成功している方はたくさんおりますし、計画的かつ正しいやり方でやるならば、挑む価値は十分にあります。意志を固めて肚をくくってスタートいたしましょう。以降詳細に関してまずは事務局までご相談ください。

 

 

 

TOPへ