BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 入学準備の勉強は何をするべきですか

ブログ

入学準備の勉強は何をするべきですか

   投稿日: 2017/06/14

1.jpg

(医学部受験に合格するまでの道則には様々な悩みがつきものですが、当校入塾前における質問の一例です )

高校1年の終わりごろに医学部志望を決めてから、自分としてはかなり頑張って勉強しました。受験科目をこなしながら模試では偏差値をある程度高くキープできたのは、とにかく自分で決めた勉強法をひたすら繰り返す、地味な努力があったからだと思っています。

それでも受験は結構大変で、最初の年には本番で力が出せず、わずかな点差で不合格となってしまいました。あんなに勉強したのに、浪人となり、また1年やるのかと思うと正直めげそうになりました。

でも、先生や家族の励ましがあったり、努力が生んだ自分の実力を信じたい気持ちもあり、めげてなるものかと必死で頑張ってきました。

浪人の経験は決して無駄ではなく、その1年の勉強は自分にとってとてもプラスになったと思います。おかげで、なんとか無事今回は医学部に合格できることができました。合格した喜びはもちろんすごくあります。勉強頑張った甲斐があったんですから。

ところが、いざ合格すると、新たな心配が出てきました。入学後の勉強にちゃんとついていけるかなという不安があります。自信はそこそこあったのに、失敗したことをなんとなくひきずっているようで、その不安感を払しょくしなければと思い始めています。

医学部ですからかなり優秀な人たちばかりで、高校のように、高い偏差値を維持するのは難しいと思うんです。入学準備として勉強するなら何をやっておくといいですか?もう勉強依存になってて、やってる方が安心できるのです。せっかく頑張って入って留年じゃ恥ずかしいですからね。

TOPへ