BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 面接で再受験生は不利ですか?

ブログ

面接で再受験生は不利ですか?

   投稿日: 2017/06/11

59928c56fc9b7bde75382e9b2557e635_s.jpg

(医学部受験に合格するまでの道則には様々な悩みがつきものですが、当校入塾前における質問の一例です )

再受験で医学部を目指している27歳です。

大学(私立理系)へは現役で合格し留年もしていないのですが、就職がうまくいかず(と言うか、何を一生の仕事にしたいかがわからないため就職せず)5年が経ちます。

塾の講師などのアルバイトをしながら自分の職業適性は何なのか考えてきました。そして約2年前に医学部受験を決意しました。

再受験の準備は必至でやって2年かかると言われています。こうしている今も詰め込んだ知識は抜けていくので現役生や一浪生あたりのピークの学力と比較するとすごいハンデがあるわけです。ですから勉強は相当頑張ってきました。

バイトで数学など教えていると頭の整理になったり、大学受験の難問を解説したり、新しい問題傾向もわかるので良かったのですが、そのバイトの時間すらもったいなくて少し減らして勉強時間に充てたりもしました。

学力は、一応他の受験生たちと肩を並べるぐらいだと思うのですが

やはりネックは面接でしょうか?

ネットで調べたんですが、面接は、普通の人を取りたいためにすると書いてありました。27歳まで何していたのか、大卒後就職もせずにいることだけで、普通と違うと思われるでしょうか。医学部志望動機をいくら熱く語っても、27歳再受験って変人かもと思われて不利なんでしょうかね。

一人前の医者になるには大学→研修医→後期研修医で約10年ですから、私が独り立ちする頃には40歳近いということです。そのあたりもつっこまれるかもしれません。

 

再受験の面接は不利なのか、それとも大学によって違うのか、詳しいことがわかれば教えてほしいと思います。

TOPへ