BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 岩手医大あげ(山根TA日記)

ブログ

岩手医大あげ(山根TA日記)

   投稿日: 2017/04/07

関東圏に住んでいる人たちには、岩手医科大学が第一志望となることは、かなりレアなケースだと思う。その現実は、自分も十分に承知している。しかし、東京から岩手医大へ行った身としては、岩手医大あげはやらなければなるまい!実際、とても良い所も多い大学なのですよ。

 

  いや、そりゃあ勿論、矢巾は田舎ですよ。それを否定する気は毛頭ございません。したくても、こればっかりは出来ません。でも、数年後に岩手医大付属病院が移転してくるってことで、今新しいものができていっている田舎なので、綺麗な田舎なのです。車さえあれば、すぐに国道4号に出て、いろんなところに行けますしネ!中心地、盛岡までも30分弱だ!近く(あくまで車でね)に東北や北海道から取り寄せた牡蠣なんかが食える店があったり、美味いものが食える所は結構あるよ!

 

  教授陣と距離が近いのも、岩手医大のいい所。私は以前、他大学に通っていた経験があるので、この距離の近さには、入学当初は非常に驚いた。教授や講師の方などと近しくなれば、勉強については勿論、医師になってからのキャリアについても親身に相談に乗ってくれたりする。なので、教授陣との距離が近いというのは、医学部では非常に大きなメリットなのだ!

 

  学年を超えて一つにまとまって、「皆で進級しよう!」という雰囲気になっていることも、進級においては大きなメリット!皆がどのタイミングで勉強を始めるのか、それが分かれば、それに合わせて勉強するだけで、勉強時間としては進級に必要な、最低限のものは確保できる。皆がまとまっているので、そういったことが、特にアンテナを意識的に張り巡らせなくても分かるのだ!それに何より、友達との勉強もしやすい環境になるのがいい。

 

 と、いうわけで、岩手医大にはいい所がたくさんのである!前述した通り、関東圏に在住の皆さんが、岩手医大を第一志望とすることは稀なケースだと思う。だが、都会的な刺激は少ない代わりに、綺麗な校舎で、のんびりと、生徒間のみに限らず、教授陣とも仲睦まじくできるキャンパスライフを送るにはうってつけな大学だと思うので、皆さんにも私の後輩になることを、是非前向きにご検討頂きたい。めでたく私の後輩になって頂けた暁には、私もできる限りのサポートは勿論させて頂きますよ!

 

山根 悠揮TA

 

 

 

1492837468934.JPEG

TOPへ