BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 小田和正(山根TA日記)

ブログ

小田和正(山根TA日記)

   投稿日: 2017/03/31

自分は小田和正のファンである。過去、ライブにも三回行った。クリスマスの時期に放送される、「クリスマスの約束」で、歌の上手い爺さんがいるなあ、と思ったのが、彼を知ったきっかけだ。決定的に彼のファンになったのは、彼が過去に、「個人主義」というアルバムを出していると知った時だ。普通、アルバムのタイトルというものは、リスナーを突き放すようなものではないと、個人的には思っている。なので、超個人的な内容のアルバムであっても、精々、自分の名前をそのままアルバムの名前にする程度だろう。しかし、「個人主義」である。どれだけ自分の世界に入るんだ、と衝撃を受けたのだ。しかも、彼の声が声である。こんな、頑固一徹なクソ親父みたいな印象、全く持っていなかったのだ。で、彼について調べ始めると、何だ、この経歴は、となるわけだ。東北大学出て、早稲田の修士課程修了。あんた何で歌手やってるんだって、誰でも思うはずだ。そんで、その理由が、学生時のPOPミュージックのコンテストで、全国1位になれなくて、終わるに終われなかったから、だと。それでも2位なのに。何だ、初めからクソ頑固なんじゃないか。頑固親父、自分が関わるのでなければ、大好きである。今でもあの声が維持できているのだって、頑固親父が、質を落としたくない一心で、日々アホみたいにトレーニングしているからなのだ。ステージでも、70歳間近で走る走る。クソジジイにあんな姿見せられたら、普通の医学部生よりは一回り近く年を食ってるとはいえ、まだまだ若い自分は、頑張るしかないのである。

 そんなわけで、私が受験をしていた頃から、小田さんには元気を分けてもらってました。皆さんも、受験が終わったら、一度彼のステージを見てみると良い。あ、やべ、ジジイがあんだけ走り回りながら、歌いまくってんだから、俺も頑張らないと、って思えるはずだから。

 以上、自分の好きな音楽の押し売りでした〜。あ、一番好きな曲は、「風の坂道」です。

 

山根悠揮TA

 

 

個人主義picture.jpg

 

 

 

TOPへ