BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 慈恵医大のススメ

ブログ

慈恵医大のススメ

   投稿日: 2016/11/02

 東京慈恵会医科大学一年の小林啓太郎です。今回は僕の大学生活を少しだけ紹介したいと思います。ちなみに大学では水泳部に入ってます。

 慈恵医大は、国領と新橋に校舎があります。国領という地名はあまり聞きなれないかもしれませんが、新宿駅から京王線で30分ほどでいける所にあります。一年次のみ国領校で、二年次以降は新橋校で学びます。僕は今一年生なので国領校に通っているのですが、国領は自然豊かな場所でとても過ごしやすいです。自然豊かってことは虫とかはとにかく多いってことですね()。以前学内に蛇が出たこともあるそうです。また体育館やグラウンド、プールなどが国領にあるので、部活動は国領校で行います。体育館やグラウンドは、私立医大の中では広いほうなんじゃないですかね。毎日いろいろな部が部活動にいそしんでいます。特に注目するべきポイントは、大学がプールを持っていることです。東京にある私立の医大でプールを持っているのは慈恵と日大ぐらいだったと思います。是非水泳経験者は慈恵医大に入学してください()。そして水泳経験者じゃなくても慈恵医大に入学したら水泳部に入りましょう。

 次に勉強面についてです。慈恵医大は自主性を重んじる大学らしいです。そのため半分ぐらいの授業が出席を取りません。つまりみんなあまり授業には出ません()。テスト前に勉強すれば大丈夫なので、普段は勉強のことは気にすることなくバイトや部活動にのめりこめます。実際、留年する人は毎年1人か2人しかいないので安心です。ちなみに試験で再試にかかったとしても、再々試や再々々試などをやってくれる先生もいるのでテストをさぼらない限り上の学年に上がれるでしょう。これは1年次の時だけではなく2年次以降もずっとそうです(たぶん)1年次の間は一週間に2時間ほど医学に関する授業がありますが、ほとんどが数学や物理などの教養科目です。しかしここだけの話ですが、近いうちに慈恵医大は1年次も授業から教養科目をなくし医学に関する授業が中心になるらしいので、「すぐにでも医学が学びたい!!」という方にはお勧めです。また現在も選択式の授業に医学に関する授業があるので、医学を学ぶ環境を整っていると思います。

 受験生の皆さん!!是非慈恵医大に入りましょう!!慈恵医大は私立医学部の中では偏差値が高いほうかもしれません。しかし慈恵医大に入れれば、留年する確率はめちゃくちゃ下がります。どこの医学部に行こうと医者にはなれます。しかし大学生活が一番楽しいのは慈恵です!!受験勉強は辛いし、大変だと思います。周りの人も同じぐらい大変な思いをしているんですから当然ですね。しかし、他の人よりちょっとだけ多く大変な思いをするだけで試験に合格できるはずですから、自分を信じて頑張ってください。慈恵医大で、そして慈恵医大水泳部で皆さんをお待ちしております!!

 

 

P4290002.jpg

東京慈恵会医科大学医学部医学科 小林啓太郎

TOPへ