BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 順天堂大学医学部のススメ

ブログ

順天堂大学医学部のススメ

   投稿日: 2016/10/26

順天堂大学医学部4年の西口梨沙です。ここでは私がなぜ医師を目指したかということと、大学生活について少し紹介させて頂きます。

 わたしは小学生のときにスマトラ地震で被災しました。生まれて初めて、人が亡くなっていくところを目の当たりにしました。そこで何も出来ない自分の前で、苦しんでいる人々を治療していくレスキュー隊員、応援の医師の方々見て幼心に「なんてすごい人たちなんだ...」と感じました。自分の知識や手技によって人の命を救うということに魅力を感じて医師を志しました。受験勉強はたしかに大変でしたが、絶対に入ると心に決めていたのでそこまで苦に感じることはありませんでした。

 大学に入ってからは、しばらくは受験勉強のしがらみから解放されて友達との時間を飲み会をしたりスポーツをしたりして楽しんでいました。順天堂大学は一年次は全員寮にはいる事もあり、学年のみんなととても仲良くなります。衣食住を共にしながら、昼間は一緒に授業を受けるので、かなり友人間の距離感は近くなります。ここで仲良くなったメンバーで、2年次には解剖実習、3年では臨床講義、4年ではCBT、5年では病棟実習、6年では国家試験を乗り越えていきます。

互いに教え合い、一緒に勉強していくなかで、寮時代に培った仲間意識はさらに強くなります。順天堂大学は留年者がほとんどいないことで有名ですが、強い仲間意識がそれを可能にしていると思います。また、高い国家試験合格率の秘訣もこの点にあると思います。

 病棟実習では日本最大規模の病床数の病院で、様々な症例をもとに最先端の医療を学ぶことができます。研修医や指導医の先生も順天堂出身の方が多いので後輩としてとても可愛がってくださり、丁寧に指導してもらえます。(時に厳しいことも言われますが...)最近では海外との交流にも力をいれていて、希望すれば海外で病棟実習をするプログラムに参加することもできます。

 学習面についてばかり書きましたが、順天堂では部活も活発に行われています。スポーツ系の学部もある影響なのか、運動系の部活にはいる人が多く、みんなそこでも強い仲間意識を発揮して良い結果を残しています。私もゴルフ部に所属して週末には栃木や埼玉の山奥でコースにでています。

 色々なことを書きましたが、順天堂大学に入って本当に良かったと思っています。

絶対に楽しく充実した日々がと思います!!

受験勉強は大変だと思いますが、今の努力は必ず報われると思います!順天堂大学でお待ちしています!

IMG_6759.JPG

順天堂大学医学部 西口梨沙

TOPへ