BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 大学別出題傾向・昭和大(医)

ブログ

大学別出題傾向・昭和大(医)

   投稿日: 2016/03/07

img_160307.jpg


昭和大(医)


英数2科目で140分で一部が答えのみの穴埋め形式である。

難問はないが、記述式の問題にはきちんと論理を勉強していないと書きづらいものが多い。

まったく関係ない小問が並ぶので、解きやすいものから解いていくことになる。

おおむね数ⅠAⅡB が1、2、数Ⅲを 含むものが3、4になっているようである。


毎年のように「n個のものからいくつかとる」確率・場合の数の問題が出題されている。

文字になっただけで拒否反応を起こす者もいるようだが、克服しなければ合格は覚束ないだろう。


極限の問題や四面体の問題など、過去問と似たような問題も繰り返し出題されている。

過去問研究は抜かりなく行っておこう。

TOPへ