BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 日医講評+解説

ブログ

日医講評+解説

   投稿日: 2016/02/16

160216_16.jpg

全体的に計算量が多く解法も面倒だったり誤ったものを選びがちの大変なセット。
難しいと言うよりは面倒+大変というセット。

【Ⅰ】
1つ1つの解法は突飛なものがないが処理がやや大変。
時間をかけてしっかりと完答したい。

【Ⅱ】
日医らしい数Ⅲの評価問題、日医は凸不等式や平均値の定理や傘型分割といった技巧的な評価が好きなので過去問研究をしていたら手はつけられるだろう。

160216_01.jpg

【Ⅲ】
方式は思いつきやすい。典型的な中味の問だが処理が大変。
「2次関数の最大、最小は端点と頂点のみが候補」として処理していかないと大変だろう。
とはいえ面倒だが内容は標準的な軌跡の問なので今年の日医の合否を分けたのはこの問を正しく処理できたかであろう。


【Ⅰ】
問1

160216_02.jpg

160216_03.jpg

160216_04.jpg

160216_05.jpg

【Ⅰ】
160216_06.jpg

160216_07.jpg

160216_08.jpg

160216_09.jpg


【Ⅱ】
160216_10.jpg

160216_11.jpg

160216_12.jpg

【Ⅱ】補足

160216_13.jpg

【Ⅲ】

160216_14.jpg
160216_15.jpg

TOPへ