BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 質問:推薦と一般受験のメリットとデメリット

ブログ

質問:推薦と一般受験のメリットとデメリット

   投稿日: 2015/07/23

慶応進学会フロンティアに頂いた質問と回答を紹介します。


9cfe4123acb4ee39006f3ffe7030bfb6_s.jpg


Q:推薦と一般受験にはどのようなメリットデメリットがありますか?


また地域推薦枠や指定校制とはどのようなものですか?


どういった人が推薦に向いているのでしょうか。




A:推薦やAO入試は一点を争う通常の学力試験から比べると、人物や高校時代の成績や ボランティア活動などを選考要素としていることで受験生によってはチャンスが広がる場合があり、また一般入試より早い時期に結果が出るので合格すれば受験から早めに解放されるというメリットがあります。


しかし反面、高校時代の成績に神経を使うことで受験勉強に専念できなかったり、併願がしにくいなどのデメリットもあります。


地域枠は自治体が医学部の入学金や授業料を貸与してくれますが、医師として一定期間その自治体指定の医療機関に勤務することが義務となっているので注意が必要です。


最後に指定校推薦は枠としてはあるものの合格は通常の推薦と変わらない年もあったりするので過剰な期待は禁物です。


合格者の学力も一般入試に合格できるレベルの場合がほとんどです。

TOPへ