BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[40]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 私の好きなテレビ番組

ブログ

私の好きなテレビ番組

   投稿日: 2014/08/07

私が最も好きなテレビ番組は月曜日から土曜日の朝NHKが放送している『花子とアン』である。

甲府の田舎出身である花子父親の勧めで東京の女学校に進み、英語を習う。本を読むことは大好きであるが、そこで初めて英語を習う。その学校では英語で会話することを義務づけられていて、生まれて初めて英語を耳にした花子は大いに戸惑う。

外国人である校長から「SPEAK ENGLISH!」と怒鳴られ、一時はその学校から逃げ出そうと試みる。しかしまわりの友人や先生に励まされて、英語に興味を持ち始め卒業式の時、校長先生のスピーチの通訳を務めるなど英語力は最高の水準に達した。


やがて花子は世界的な有名なモンゴメリーの【赤毛のアン】の翻訳をするわけであるが、毎日のストーリーがとてもとてもドラマティックで、視聴する度に毎回、感激のあまり涙しつつ、ささやかながらも楽しみな毎日。



この番組に惹かれる理由は、私自身がかつて翻訳家になることが夢であった青春時代にシンクロしている影響も大きいが、やはり主人公の花子がどんなに辛いことがあっても負けないで強く明るく生きていく生き方に共鳴することが大いにあるからであろう。朝起きて、この番組を見て涙し、明るく逞しい人間になれたような気がする今日この頃かなと。



英語担当  後藤謙二



8c53bd7c3d187123c5af819b2b388b1e.jpg

TOPへ