BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[37]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 入試に勝てる数学

ブログ

入試に勝てる数学

   投稿日: 2014/07/26

 

 

入試での数学は大問4題を時間内に解かせるパターンが多い。ウチの学内模試は大問5題だ。実際の入試に比べればややハードであるが、「どの問題を捨てるか」、「どの解法を使うか」を瞬時に判断するトレーニングになっている。また普段の授業で身につけていく数学的センスを試す絶好の機会でもある。



入試では解答する受験生も採点者もミスがつきものだ。「採点者がまさか?」と思うかも知れないが、人間の作業である限り、ミスは不可避である。ならばミスをしない、採点ミスもさせない答案作りをすることが合格の鉄則であろう。








数学は元々複数の学問分野から出来ているため、一つの問題に対して解法は複数ある。計算が複雑になればミスもしやすくなる。問題によっては計算をせずに幾何的に正解を導ける場合も少なくない。その方が解答時間が短いことがほとんどだ。こうした柔軟な思考力を身につけることが入試に勝てる数学である。





医学部受験アドバイザー 杉崎智介





lgp01a201403080000.jpg

TOPへ