BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[6]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[2]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 今日は数学の補習

ブログ

今日は数学の補習

   投稿日: 2014/05/31

今年の生徒は例年に比べて数学が苦手な傾向があります。

 

 

驚異的に学力が伸びている生徒がいる一方で、

 

このままいけば数学が合格を阻んでしまうだろう生徒もチラホラ。

 

 

そこで、私が数学の補習を担当することになりました。

 

 

第1弾は合同式、第2弾は集合、そして今日は第3弾として、

 

複素平面

 

をやりました。

 

 

いざやってみると、高校学習の弊害が見受けられます。

 

それは、高校学習では複素平面を代数学的アプローチで学ばせている

 

という点です。

 

 

例えば、

 

複素数の絶対値を取るのに共役を取って掛けたら、

 

時間内に入試問題を完答することは不可能でしょう。

 

ところが、全体の位相を回して中心を実軸に持って来れば、

 

ほら、一発で解けます。

 

 

複素平面は代数的アプローチではなく、

 

幾何学的アプローチで学ぶべきなのです。

 

 

生徒の中にはまだまだ頭の固い者もいます。

 

これをどう変えてあげるかが、難関医学部合格の鍵

 

なのです。







医学部受験アドバイザー 杉崎智介

TOPへ