BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 2014年3月

ブログ

2014年3月アーカイブ

圧倒的な入試英語力を身につける

   投稿日: 2014/03/30

ウチの予備校の前身は昭和62年に開塾した英語塾です。       当時、大学受験にはあまり使われていなかった   同時通訳方式による速読速解術   を早くから導入し、   入試の長い英語長文読解にもスタミナ切れを起こさない、   英語長文マラソン   によって、   重箱の隅をついてくる設問にも正解を出せる英語力を   身につけていくトレーニングを繰り返すのです。     当時、大手予備校模試の英...続きを読む

努力と忍耐と演習量が来年の医学部合格を決める

   投稿日: 2014/03/27

大手予備校も夏期講習が終わると、   講義に出ずに自習室に籠る生徒も少なくない。     講義の無駄に気付いたと同時に、   問題演習量が絶対的に不足していることに気づいた、   賢明な生徒の当然の行動である。     医学部合格のための美辞麗句が並ぶインターネット広告。     私は600名以上の医学部合格者を32年間見てきたが、   努力・忍耐・問題演習量で勝る者が合格している事実は変わらない...続きを読む

医学部受験の敵を知り己を知る

   投稿日: 2014/03/24

この時期になると私の生徒たちは「物理か生物か?」と悩みだす。   毎年恒例の光景でもある。     ウチでは数学・英語のスタートに比べると理科のスタートは遅い。   いざ、物理の授業や演習が始まると、   あまりの出来なさに不安が沸いてくる。     実はその不安は今日始まったことではない。   意識的に抑えていた迷いが物理の授業を経験したために軽い衝撃を受け、   沸きだしたのである。     ...続きを読む

医学部受験、最後に勝つのは甘さを捨てた者

   投稿日: 2014/03/18

私は32年間医学部受験生を見てきましたが、30年前と違うことは、   「どの医学部も難関になった」   ことです。     小手先の勉強や中途半端なコネでは1次試験に通らなくなりました。     では、どんな受験生が合格するのか?     それは、自分の中に棲む「甘さ」を捨てきった者です。     言い訳をしない、 誰かを頼らない、 常日頃から試験場にいるつもりで勉強をしている受験生が   最後に...続きを読む

文章書きが苦手が最近の傾向

   投稿日: 2014/03/17

先日、ラジオ番組にゲストで出演していただいた埼玉医科大理事長の丸木清浩先生が、「最近の学生は文章を書くのが苦手」   とおっしゃっていましたが正にそうです。     私は現在、小論文の授業も担当していますが、正直、小学生の作文からやり直した方が早い生徒もいます。   小論文としての体裁をなしていないのです。     電子辞書の影響なのか、漢字も全然書けないのです。     ということで急きょ、「国...続きを読む

TOPへ