BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[40]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 間違いだらけのノート作り

ブログ

間違いだらけのノート作り

   投稿日: 2014/02/06

受験勉強の必須アイテムのノートですが、よくよく注意しなければなりません。

 

「合格するためのノート作り」、「東大理Ⅲ合格者のノート」などノートに関する本やサイトはたくさんありますが、それらを真似て本当に医学部に合格できるのでしょうか?

 

記憶の方法や順序は個人差があります。

 

ノートを記憶のためのアイテムとして利用する場合も、自分に合ったものがよいわけで、成功例を真似しても必ず効果が出るものではありません。

 

いや、それどころか、「美しいノート作り」に時間もエネルギーも費やし、自分の脳に記録することが疎かになっている受験生が何と多いことか!

 

 

医学部受験生はノート作りに振り回されないように忠告したいと思います。

 

しっかり整理されたノート作りはむしろ、医学部に入学してから必要になるかも知れません。

 

そのときこそ、一生付き合う見やすく中身の充実したノートを作らなければならないかも知れません。

 

例えば、各科目愛用書をサブノート化し、演習を繰り返す過程で愛用書の書き込みを増やしていく方が余程有効です。

 

勉強時間の短縮、その分、練習問題量が確実に増えていきます。

 

「正しいノートの作り方」に惑わされないように!

 

それは「正しい勉強方法からの逸脱」なのですから。

 

「整理されたノート」とは「文字の練習帳」でしかないのです。

 

TOPへ