BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 医学部合格の真実

ブログ

医学部合格の真実

   投稿日: 2014/02/13

医学部多浪生の相談をよく受けます。

 

今年も大手で多浪していた受験生を合格に導きましたが、実は私は医学部多浪生を得意としているのです。

 

元々、偏差値40からの大学受験でスタートした慶応進学会はまず、生徒のモチベーションを生み出すことから指導を始めなければなりません。

 

これは本当に大変なことなのです。

 

学力は幾らでも引き上げられますが、やる気だけは生徒の意識にかかっているからです。

 

 

ところが、多浪生は違います。

 

医学部受験の厳しい現実を知っているし、「何がなんでも受からなければ人生が終わってしまう」といわんばかりの危機感をもっています。

 

私にとってこれほどやりやすいことはありません。

 

親御さんは言われます。

 

「他に方法はありません。藁にもすがる思いでやってきました。何とか合格に導いてくれませんか?」

 

この言葉が親御さんと本人から聞ければ半分受かったようなものなのです。

 

こういう生徒は1年間、言うとおりに勉強してくれます。

 

疑いを持っても他に方法がないこともあるのですが、指導されたことを指導された通りにやってくれます。

 

そして、1年後に   合格します

 

この醍醐味を味わうために医学部受験指導をしているようなものです。

 

医学部合格には確実なメソッドがあります。

 

 

私は待っているのです。

 

私のメソッドを使って、その年の受験界の頂きともいえる医学部に登りつめてくれる受験生を。

 

 

医学部合格の真実は、わかりやすい授業や長い授業時間ではありません。

 

それはある種のトレーニングなのです。

 

受験勉強とは真の勉強ではありません。

 

必ず合格を勝ち取るための作戦遂行なのです。

TOPへ