BLOG CATEGORY

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ » 2014年2月

ブログ

2014年2月アーカイブ

   投稿日: 2014/02/27

埼玉県の高度医療と医学部教育を支える埼玉医科大学。   今や難関大学となってしまいました。     今日は埼玉医科大学理事長の丸木清浩先生を私がパーソナリティーを務めるFM富士~気弱な深夜Radioにお招きし、色々なお話を聞かせていただきました。   医学部受験の大きなヒントとなる貴重なお話も理事長の口から出て、本当に何を聞いても躊躇なく話してくださるお人柄には教育者の理想像を見た思いです。   ...続きを読む

医学部に1年で確実に合格するには

   投稿日: 2014/02/23

医学部受験の相談の方と面接する中で、「合格保証」について聞かれることが多いです。   その前に、ウチの医学部受験に対する考え方は他とは大分違う気がします。     多いのが、「本番で6~7割とればどこか引っ掛かります」という指導を受け、10校以上の医学部を受験された方たち。   個別指導で高額な学費を払い、科目別に講師に指導してもらったが、どこにも合格できなかったという話をされます。     私は...続きを読む

浅田真央選手が残したもの

   投稿日: 2014/02/21

浅田真央選手のフリー演技は最高でした。   SPの不調から立ち直ってのフリー演技はメダルを超えて、世界中に「折れない心の強さ」を見せてくれました。   これは医学部受験に通じるものがあります。     私が指導に携わった多くの医学部受験生たちは、合格だけでなく逞しさを身に着けていきました。   医学部は入学したらおしまいではありません。   医学部の6年間で多くのことを学びながら、将来、人の命に関...続きを読む

羽生選手金メダルから学ぶ医学部合格戦略

   投稿日: 2014/02/15

羽生選手の金メダルには日本中が湧きました。   もちろん、卓越した羽生選手の才能や地道な練習によるものですが、もう一つ忘れてはならないのが、ブライアン・オーサーコーチの存在です。   ブライアンコーチは五輪で2度銀メダルを取得している他、多くの選手を指導してきた優れた指導者であると同時に戦略家でもあります。   物事には経験者だからこそわかる「ああすればよかった。こうすればよかった。」が必ずありま...続きを読む

医学部合格の真実

   投稿日: 2014/02/13

医学部多浪生の相談をよく受けます。   今年も大手で多浪していた受験生を合格に導きましたが、実は私は医学部多浪生を得意としているのです。   元々、偏差値40からの大学受験でスタートした慶応進学会はまず、生徒のモチベーションを生み出すことから指導を始めなければなりません。   これは本当に大変なことなのです。   学力は幾らでも引き上げられますが、やる気だけは生徒の意識にかかっているからです。  ...続きを読む

TOPへ