BLOG CATEGORY

  • コラム記事
  • スタッフ[5]
    • 中村 克己[64]
    • 浅見 啓
    • 田中 俊行
    • 加藤 剛史
    • 若林 研吾
    • 河村 浩行
    • 野村 将太
    • 夕部 泰弘[4]
    • 平林 希章
    • 辰巳 唯人
    • 坂田 博
    • 本多 高基
    • 橋本 将昭
    • 後藤 謙二
    • 本多 雅樹
    • 満田 深雪
    • 藤田 直樹
    • 佐藤 雅巳
    • 杉崎 智介
    • 中 裕子[1]
    • 垣本 真吾
    • 田中 公英
    • 門田 悠暉
    • 杉野 政仁
    • 相馬 光敏
    • 吉田 有毅
    • 西垣 颯一郎
    • 三尾 仁人
    • 関川 洋太郎
    • 西口 梨沙
    • 吉田 昇悟
    • 大曾根 快
    • 横山 紗妃
    • 小久保 美央
    • 片山 博史
    • 平塚 寛生
    • 小林 啓太郎
    • 山根 悠揮
    • 小泉 祥太郎
    • 村井 絵理子
    • 柴田 克彦
    • 増川 可南留
    • 猪鼻 和歌子
    • 小暮 千碩

Monthly Archives

医学部受験の慶応進学会フロンティア» ブログ

ブログ

ブログ一覧

度胸とか、腹を括るとか

   投稿日: 2018/12/10    投稿者:中村 克己

 12月に入りました。私はこの時期、「青いペンで書きなぐって知識を身につけなさい」と指導しています。  過去問を解いていると、嫌でも自分の知識不足に気付くはずです。単語、熟語、語法...どれをとっても、医学部の要求水準は高く、現時点でその水準を超えている受験生は多くありません。  ならば、増やすしかない。直前期ですから「そのうち覚えるだろう」は通用しません。その場で覚えなければならない。その為には...続きを読む

量質転化

   投稿日: 2018/11/18    投稿者:中村 克己

 人前で「研修を受けています」と言うのは気恥ずかしい。そう思うのは私だけでしょうか。少なくとも私の場合、あえて人に言いたい事ではありせんでしたが、今は外聞をはばかる気もなくなりました。  そう思えるのは、自分自身に「ひとつ抜けた」感覚が生まれたからです。  ここで言う「抜けた」感覚とは何か。一つ引用をします。以下、日本を代表するプラグラマーである中島聡さんの著作「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか...続きを読む

「素直さ」という強み

   投稿日: 2018/11/18    投稿者:中村 克己

 前回のブログでは、私がこの4月からビジネス研修に参加し、講師の先生方の教えを丸呑みすることに努めている、と記しました。  私は、受講当初から「講師の教えを丸呑み」すると決めていました。  理由は、その気持ちがないと、自分のフィルターを通して物事を見てしまう、と確信していたからです。そして、「自分フィルター」を通す限り、変容はない、と。  この確信は、教務体験から得た教訓です。  私は講師として多...続きを読む

奇人と会って思ったこと

   投稿日: 2018/11/04    投稿者:中村 克己

 昨日、私は二子玉川で、私の先生や学友達とフィールドキャンパスをして来ました。ニコタマと言えばショッピングモールを思い浮かべるかもしれませんが、駅から15分ほど歩いたところにある高台はかつての別荘地で、高橋是清(第20代内閣総理大臣)、岩崎久彌(三菱財閥3代総帥)、鮎川義介(日産コンツェルン創業者)、徳川圀順(水戸徳川家13代当主)といった政治家、実業家が別荘を建てていた土地です。  「国分寺崖線...続きを読む

フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」に校長の橋本将昭が出演しました

   投稿日: 2018/10/16

東京医大や昭和医大で不正入試があった事が話題となっています。 テレビのニュースでも取り上げられる問題となっていますが フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」に慶応進学会フロンティア校長の橋本将昭が解説者として出演いたしました。 2018/10/16(火)放送 今回の不正入試では現役や1浪の受験生が加点される得点操作がなされていたようです。 これでは闇雲に勉強していても、なかなか合格を勝ち取るこ...続きを読む

運動会

   投稿日: 2018/10/15    投稿者:中村 克己

 8日前のすごく暑かった日曜日、息子の幼稚園の運動会があり、私も足を運びました。  息子は年長さんで、来年卒園です。娘も同じ幼稚園に通ったので、通算6度目の運動会。これだけの回数になると既視感も強いのですが、今回ばかりは緊張感がありました。年長さんは組体操があるからです。  私の息子は競争心がなく、「頑張って何かをしよう!」というメンタリティが皆無です。だから徒競走では必ずビリになりますが、個人競...続きを読む

時に気軽に

   投稿日: 2018/10/06    投稿者:中村 克己

 ブログの更新が滞りました。。書きたいネタはあるものの、まとまった時間がとれません。続けるのはつくづく難しい。  ただまあ、いいことを書こうと思うから難しいのであって、ハードルを下げて気軽な気持ちになれば、書けます。これは語学も一緒です。  私は職業柄、英語に関する本はよく読みますが、最近面白かったのは「英語の多動力」(堀江貴文)です。21世紀における日本人と英語の付き合い方について、随所に鋭い考...続きを読む

医学部に行きたいと考えていますが、志望校選びで悩んでいます。

   投稿日: 2018/09/26

親は開業医で経済的には恵まれているほうだと思うので、国公立、私立どちらも受けてみるつもりです。 親からも「安全圏も含めてなるべく多くの医大を受けてみろ」と言われました。 でも、今考えているのはどこも自分の学力と同等か上の所ばかりで、それじゃ失敗する可能性が大きいと言われました。 ランクを下げて受験するとしても、実際受かったらその大学に行くのか?と考えてみると、 多分行きたくないと思うんじゃない...続きを読む

高校に入ってから医学部に行きたいと考えるようになりました。

   投稿日: 2018/09/22

きっかけは医療の現場に触れたことです。僕の学校は医学部に進学する人が多く、 夏休みに単位のひとつとして、病院ボランティア研修があります。 高1の夏にその研修に参加しました。そこは療養型の病院でしたが、終末期の患者さんも多く、 実際に医師や看護師の仕事だけでなく、患者さんとのふれあいもありました。 そこで、患者さんを助ける医師という仕事に感銘を受け、 患者さんに頼られている立派な医師に話を聞く機...続きを読む

人生は配牌である

   投稿日: 2018/09/18    投稿者:中村 克己

 安室さんが引退し、樹木希林が逝去して。平成も、もうすぐ終わる。  始まるものは終わるんだな。。と淡い喪失感に浸っていたら、衝撃的な「終了」に出くわして、私は今、本物の喪失感に襲われています。  近代麻雀、読みました?  意味が分からないって?  ご存じないですか?我が国が世界に誇る、平成の麻雀コミック誌「近代麻雀」‼  先週の土曜日に最新号が発売されたのですが、ショックでしたね。。藤田晋のコラム...続きを読む

TOPへ