医学部受験の慶応進学会フロンティア» 2018年度入試速報» 2018年度 東海大学 数学解答速報

2018年度 東海大学 数学解答速報

2018年度 東海大学 数学解答速報

東海大学 数学解答速報

いくら何でも急に難しくしすぎです。
過去問で対策していてもほぼムダになり、
4割程度しかできなくて受かる人もいるでしょう。
これまで易しくて満点に近い勝負な問題はありますものの、
今回のようにほとんど解けないような人も受かり得るテストの方が問題です。

[1]手をつけられるところが少ないテストなので、[1]は全力でやって解きましょう。
[2](1は)意味を考えて解けます。(2)(3)(i)も一応手はつけられますが
難解な問なので手が止まりがちで仕方ない。
問題の最後の一文でタワーの成立条件が与えられている前提と気付かないととてもムリ。
[3]ゼータ関数の値を出す有名題(バーゼル問題)。
シまでは一応手はつけられるでしょう。

これまでの東海の問に比べ思考力を試されているのがつらいところ。
またスは有名な値で覚えている受験生も多いのかよくない答えだけ埋めた人も多いでしょう。

[1]の5つ、[2]の(1)(2)(3)の6つ、[3](1)(2)(3)(4)(5)の6つの17問までは
実力がある生徒は本来とれますが、これの6割~7割の11問近辺の
勝負となるのではないでしょうか。

TOPへ